全国5万人が受講している「サイタ」

中国語の家庭教師(大学受験対策)

中国語の家庭教師(大学受験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,100円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

家庭教師(受験対策)大学受験の家庭教師中国語の家庭教師東京 楽ちんチエチャイゴ教室 スクールブログ 中国の食に関す...

中国の食に関するマナー

中国でお食事する際には、日本とはマナーの違いがいろいろあります。どんな違いがあるのかは見てみましょう。
広東料理の一つである飲茶の場合、お茶をつがれる際に、人差し指でテーブルをトントンと叩く。これは注いでくれる相手に対してのお礼である。 これは、中華料理を食する場合、通常は会話を楽しみながら食するので、お茶を注いでくれる人に対して礼を言うと他の人との話の腰を折ってしまうので、それを防ぐ為である。
多くにおいての中華料理を食す際には、皿は手で持たない。 スープ類には散蓮華(ちりれんげ)がついてくるのはその為である。 スープ類、麺類を食す際には、音を立ててすすらない。
客人として訪問した際には、食べきれないほどの料理が出てくることが多い。この際は食べ残して良い。なぜなら、食べきれないほどの料理で供応することがホストとしてのマナーであるからである。全て食べきることは「まだ料理が足りていない」、つまり催促しているという意味になり新たな料理が出てくる。また、残った料理を家に持ち帰る文化があるため、食べ残しを「お持ち帰り(打包)」可能な店も中国には多い。
どうでしょうか?!最近日本でもお持ち帰りできる店が増えてきてますが、中国では普通だそうです。

 

(2012年9月24日(月) 15:20)
この記事を書いたコーチ

日中それぞれに10年以上在住。文化の違いから楽しく学ぶならこの講師

楽ちんチエチャイゴ教室
八木千恵 (中国語の家庭教師)

恵比寿・渋谷・溝の口・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・用賀・二子玉川・高津・鷺沼・たま...

ブログ記事 ページ先頭へ