全国7万人が受講している「サイタ」

チューバ教室・レッスンを個人レッスンで探す

チューバ教室・レッスンを選ぶ

チューバ初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリのチューバ教室を見つけることが出来ます。

サイタ音楽教室チューバ教室

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,300円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオまたはドリンク代を含むカラオケボックス使用料(1,000~2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

チューバ教室の無料体験レッスンについて

サイタのチューバ教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしチューバ教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

チューバ教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
機材の説明やレッスンの説明
14:15
基礎的なテクニック調整
14:20
実際にチューバを実践してみる
14:55
今後のスケジュールを相談

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

チューバ教室・レッスンの人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられるチューバ教室・レッスンの講師一覧です。

約22時間前更新
山田雅之さん

山田雅之さん

ジャンル

チューバ

主なレッスン会場

品川

チューバ教室 体験レッスンの感想コメント

チューバ教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

11月3日(月) 22:15 更新

20代男性

全文を読む

悩んでいたことが、わかったので良かったです。

新着レッスンノート

チューバ教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

6月18日

良い音のイメージ良い音のイメージ

レッスンお疲れ様でした。 息の使い方、唇の振動のさせ方、アパチュアに注意してロングトーンをして下さい。 自分の持っている音色をベースに、良い音のイメージをしっかり持ってじっくりやっていきましょう。 マウスピースは Tilz 24AW、PT-24、PT-36、PT-44、PT-50、PT-88、PT-89 辺りでしっくりくるものを選んでみてはいかがでしょうか。

3月12日

良い音にするために良い音にするために

音のザラつきをなくすには、息の使い方に注意してください。 息のスピード、口の開け方、唇の振動のさせ方に気をつけると良いと思います。 曲については、リズム唱をしっかりやり、楽器を付けての練習を効率よくするようにして下さい。

9月18日

基本的な奏法基本的な奏法

アンブシュアが動きすぎないようにしながら、ブレスを取るようにしてください。 音量ももちろん大切ですが、それよりも自分の音色と音楽を大事にしてください。 こと、ソロでは特に意識してください。 身体と楽器が一体化している意識で、力まず演奏出来れば本当に良い音してるので、自信を持って頑張ってください。 マウスピースに悩んだら、ヤマハ67C4、バック24AW、ペラントゥッチPT-24sあたりを試してみてください。 レッスンお疲れ様でした。

9月6日

お疲れ様でした!今日のレッ...お疲れ様でした!今日のレッ...

お疲れ様でした! 今日のレッスンでは、音の安定させるために気をつけることをお話ししました。 真ん中のFの音をまず安定させて、その後上下に音域を拡げていってください。 アタックに頼らず、息の量を上手くコントロール出来ると安定すると思います。 音色については、歌うことをイメージしてください。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる