音楽教室サックス教室テナーサックスレッスンノート フレーズの歌い方を研究してみましょう!

フレーズの歌い方を研究してみましょう!

テナーサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は新しいマウスピースとリガチャー相性を試してみました。
個人的にはゴールドのウッドストーン製のものが良い気がしました。

曲はまず天国の島をやりました。
左側の流れるようなフレーズの後、右側のページに移った時に力強さを出せるように、練習してみましょう。

時代劇絵巻のソロは、吹き始めの3、4拍目を歌いに行きましょう。
フレーズの終わりの長い音符は、気楽に音を抜きましょう。
またそれぞれスラーの吹き始めのところのタンギングがきつくならないようにするといいでしょう。特に最初の出だしはきつくならないようにしましょう。
できれば、最初と2つ目のスラーはひと息で吹けるとフレーズ感がさらに出ると思います。

新しいヴァンドレンのマウスピースは開きが今までのセルマーよりも狭いので、口を締めて吹くとリードの振動を妨げてしまい、響かなかったりキツい音色になりやすいので色々な吹き方を試してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

吹奏楽団設立経験も。あなたとバンドを盛り上げる演奏をサポート

レッスンノート ページ先頭へ

テナーサックス情報

サイタのテナーサックス講師がブログを通して、テナーサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

テナーサックスの先生

@SaxCyta