全国5万人が受講している「サイタ」

テナーサックス教室・レッスン

テナーサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室テナーサックス神奈川 信也のテナーサックス教室 スクールブログ 音色音程の意識

音色音程の意識

今回は初心者の方向けの第4回目です。こんな初歩的なことは分かっていますという方は飛ばして頂いて結構です。こんな初歩的なことでも読んだだけでは分からない方は、レッスンの時に詳しくご説明致しますのでご安心下さい。

★音色の聞き方:音程のある音の中には2種類の音色があります。基音成分「こー」と倍音成分「チー」です。この2種類の音成分の混合比によって音色音量音程が決定し、ズレを聞き分けることが大切です。音程メータを使用(基本的には基音に反応しますが、倍音に反応することもあります。)し、聞き分けるトレーニングをします。

★倍音成分の出し方:マウスピースとリードの接点位置を確認します。下唇の圧力がかかる位置をこの接点位置に合わせます。唇の形、舌の位置、喉の形を意識して倍音成分を引き出します。マウスピースをネックに付けてトレーニングします。
アルトサックスはG#、テナーサックスはE付近になります。この音色はいわゆる「うるさい音」になります。最小限の力で最大音量を引き出します。この奏法の確立は奏者、楽器(本体 ネック マウスピース リード)という条件で一定になります。最大音量を出す方法を誤解している人は、力の入れ方と音量が並行していると思っていることです。一定条件下の楽器ではいくら強い空気を送り込んでも音量は上がりません。「うるさい音」を引き出す方法を確立後、引き算的意識で唇の形、舌の位置、喉の形、空気量の調節で理想的な音を出すトレーニングをします。

★音程の取り方:(マウスピーストレーニング:ネックトレーニング)
低音 ⇒ 高音 喉の共鳴箱を大きくし、「あ」の発音で低い声を出す意識。唇を緩める。徐々に喉の共鳴箱を小さくし「え」から「い」の発音で高い音を出す意識。唇を締める。喉で空気の抵抗を感じる。送り込む空気にどんな音を出す意識のメッセージが込められている。違うメッセージの空気を送り込むと楽器が混乱し、「ピー」となる。(意識的にピー音を出すことでフラジオを出すことが可能。)この奏法をマスターすることによって、マウスピースだけで1オクターブ以上の音を出すことが可能となる。

★正しい音程は音色と密接な関係にあります。音色をしっかり聞くことによって正しい音程の演奏が可能になります。

 

(2014年7月22日(火) 16:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サックス歴50年!吹奏楽部~おやじバンドを組んでいる方まで、親身に指導

ブログ記事 ページ先頭へ