全国5万人が受講している「サイタ」

テナーサックス教室・レッスン

テナーサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室テナーサックス神奈川 信也のテナーサックス教室 スクールブログ 楽器のセット ...

楽器のセット 〜 音を出す前の準備

今回は初心者の方向けの第2回目です。こんな初歩的なことは分かっていますという方は飛ばして頂いて結構です。こんな初歩的なことでも読んだだけでは分からない方は、レッスンの時に詳しくご説明致しますのでご安心下さい。

★リードの付け方:リガチャーをゆるめたマウスピースをテーブルが顔と並行にし、ティップレールを目の高さの位置でリードをつける。マウスピースの先端が糸状に見える高さの位置で固定する。リガチャーのネジはリードが外れない程度の締め方。

★ネックにマウスピースを付ける:ネックのオクターブキーのつけねを持つ。

★本体にネックを付ける:角度は指定通りにセットする。

★ストラップ:首かけや、肩かけ(写真参照)など色々な種類があります。楽器本体をストラップのフックにかける。両手を離した状態にすると、左上にネックがきます。

★リードの選び方:基本は、「自分が一番音の出しやすいリードを選ぶ」ことです。「硬い(厚い)リードの方がまろやかでいい音が出る」、「硬いリードが吹ける人が上手い人」ということはありません。かなり息の力が強い人が柔らかい(薄い)リードを使うとリードがマウスピースにペタっとくっついて音が出なくなってしまいそうになります。お腹で息をしっかりと支えても低音域の音がかすれてしまうようであれば、リードの硬さ(厚さ)をワンランク落とすことをオススメします。低音域がかすれずにちゃんと出せる硬さのリードに変えると、中音域や高音域の音が汚い音色になってしまうという方は、アンブシュアや息の入れ方に問題があります。アンブシュアは別途ご説明致します。リードはメーカによって番手の表示が異なりますのでご注意を。

★マウスピースの選び方:リードの厚さはマウスピースの開き(フェーシングNo)によっても異なります。最初は購入した楽器に付属しているマウスピースで充分ですが、ある程度吹けるようになってから考えてもいいかと思います。マウスピースもメーカにより、フェーシングNoの表示の仕方が違いますし、ラバーとメタルがありますが詳細はレッスンの時に詳しくご説明致します。

楽器のセット 〜 音を出す前の準備楽器のセット 〜 音を出す前の準備

(2014年7月20日(日) 6:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サックス歴50年!吹奏楽部~おやじバンドを組んでいる方まで、親身に指導

ブログ記事 ページ先頭へ