全国5万人が受講している「サイタ」

テナーサックス教室・レッスン

テナーサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室テナーサックス神奈川 信也のテナーサックス教室 スクールブログ ジャズと酒・麻...

ジャズと酒・麻薬

ステージで気持ちが乗らないという状態が生じることがあります。昔からジャズミュージシャン達が悩んできたことの一つなんでしょうね。
「自分は仕事のトラブルを経験してきたパフォーマーである」と、自分のそのざわつく気持ちをそのまま認めてあげるのは一つのとても良いアイディアでしょう。

最近脱法ドラッグが何かと話題になっておりますが、且つてグランドキャバレー華やかなりし頃、当時ハイミナールというドラッグがありました。これは合法で?処方箋が無くても印鑑を押せば薬局で買えたようです。ジャズミュージシャンは「ミナハイ」と呼んで、「ラリってとかリーラして(リラックスして・・・ミナハイを飲んで)ステージに上がっているミュージシャン」を数多く知っております。彼らに言わせると「ラリってステージに立つと素晴らしい演奏が出来る。」と言っていました。演奏している本人が良い気持ちで演奏していたのであって、素晴らしい演奏は錯覚で聴いている方からすると真逆だったはずです。

数え上げればきりがないが米国の50年代60年代に活躍した著名なミュージシャンに多いですね。
チャーリー・パーカー:35歳 麻薬、アルコールの多量摂取。精神病院への入退院を繰り返し、心不全により死亡。
ジョン・コルトレーン:40歳 麻薬、アルコールの多量摂取。肝臓がん。
マイルス・デイヴィス:数々の薬物で、まだ彼が20代前半の時期から徐々にからだを壊していきました。コカインとは断ち切れず、さらに長い間、薬物中毒から完全には回復できませんでした。
ソニー・クラーク:31歳 ヘロインの過剰摂取による心臓発作。
ポール・チェンバース:33歳 クスリとアルコール 肺結核。
ビル・エヴァンス:51歳 麻薬常習者。黒人ミュージシャンとの信頼関係を築こうとして、クスリに手を出し、「歴史上一番時間をかけた自殺」と言われた。
ビリー・ホリデイ:人種差別や、麻薬・アルコール依存症との闘いなど壮絶な人生を送った彼女は、多くの人々を魅了したその声も晩年にはかれ、音域も極端に狭くなっていた。
スタン・ゲッツ:麻薬で刑務所暮らしの後、スウェーデンに移民してスウェーデン人と結婚し、「ゲッツ・ジルベルト」で復活しました。

酒・麻薬ではないのですが、
クリフォード・ブラウン:25歳 自動車事故。彼の死後ベニー・ゴルソンの「I Remember Clifford」で偲ばれた通り天才で短命で本当に惜しまれてかっこよく死んだミュージシャンです。

レッスンではこんな昔のエピソードも交えながら、ステージでの演奏に対する心構えや精神状態についてのお話も致しましょう。

ジャズと酒・麻薬ジャズと酒・麻薬

(2014年7月18日(金) 0:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サックス歴50年!吹奏楽部~おやじバンドを組んでいる方まで、親身に指導

ブログ記事 ページ先頭へ