サイタ音楽教室サックス教室テナーサックス神奈川 信也のテナーサックス教室 スクールブログ 俗に云う 千一...

俗に云う 千一「1001」

学生時代バイトでプロのミュージシャンと一緒にジャズを演奏させて頂いていた頃、プロのミュージシャンなら殆ど持っていたのが俗に云う 千一「1001」「せんいち」 という曲集です。1001曲入っていたかどうか定かではありませんが、分厚い曲集で本当に沢山のスタンダードジャズが入っていました。
今 net で探してみますと中央出版から次の様な曲集が出ておりますが、私が知っているのは年代から逆算しますと60年代「フェイク・ブック#1」辺りかなと思います。「フェイス・ブック」ではありません。フェイクは主にボーカルが本来のメロディを崩したり、付け加えたりして歌う事ですが、アドリブの様に即興で本来のメロディをはずして演奏する手前の事でしょうか。

コンテンポラリー1001 VOL.1 ISBN:9784813601975
60年代「フェイク・ブック#1」、70年代「リアル・ブック」、そして80年代を代表とする「ザ・ワールズ・グレイティスト・フェイクブック」。見やすい譜面と正確なメロディー&コード表記は世界で定評があります。ジャズを学ぶ人々、そしてあらゆるミュージシャン必携の名曲集。全208曲収録。

コンテンポラリー1001 VOL.3 ISBN:9784813601999
ミュージシャンによるミュージシャンのための名曲集。内容/第一部 JAZZ CLASSICナンバー/第二部 BRAZILIAN CLASSICS ナンバー/第三部 CHOICE STANDARDS ナンバー/第四部 CONTEMPORARY JAZZ&JAZZ/FUSION。62人のアーティストナンバーをはじめ全219曲を収録。

コンテンポラリー1001 VOL.5 ISBN:9784813602019
コンテンポラリー1001_シリーズ最新巻。収録曲はスタンダードのみ全262曲、メロ譜に加えて歌詞もついています。

俗に云う 千一「1001」俗に云う 千一「1001」俗に云う 千一「1001」

(2014年6月27日(金) 11:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サックス歴50年!吹奏楽部~おやじバンドを組んでいる方まで、親身に指導

新着記事

 通称アメセルと呼ばれ、フランスセルマーの部品をアメリカでジャズマーケット向けに組み立て、調整を施した楽器の事です。従ってシリアル番号はフランスセルマーと同一のものが使われており、資料も少ないことから、明確に何番のシリアル番号はアメセルと言うことはなかなか分かりませんが、サウンドの違い、彫刻模...

久々にブログを更新します。 『日野皓正 presents "Jazz for Kids"』での日野さんの往復ビンタ騒動に様々な意見が飛び交っています。ネット上の反応は、 「体罰は言語道断だが、この子にも原因があることをちゃんとマスゴミは伝えようよ」 「これは中学生が悪い」 「日野皓正だ...

サックスを吹く形で右手親指以外の指を全解放したときに、サックスのタンポを見ますと開いている(ノーマリーオープン)タンポと、閉じている(ノーマリーオフ)タンポがあります。 練習が終わった時に管内の唾液を拭き取る作業をしますが、ノーマリーオフのタンポには唾液が残り易く、長期間そのままにしておきま...

今回は初心者の方向けの第7回目で最後です。 ★左手 ・親指:楽器のバランス、オクターブキー ・人差指:B ⇒ B♭可能ならばずらして構わない。ハイE、F、F# ・中指:C ・薬指:G 右手に対して反応が遅れないように注意。(反応が鈍い) ・小指:G#、C#、B♭、B 低音は力が...

今回は初心者の方向けの第6回目です。こんな初歩的なことは分かっていますという方は飛ばして頂いて結構です。こんな初歩的なことでも読んだだけでは分からない方は、レッスンの時に詳しくご説明致しますのでご安心下さい。 ★姿勢:頭の重さを足の土踏まずに感じ背中が丸まらないように注意します。気を付け...

ブログ記事 ページ先頭へ