全国5万人が受講している「サイタ」

テナーサックス教室・レッスン

テナーサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室テナーサックス愛知 TAKテナーサックススクール スクールブログ 指の使い方

指の使い方

毎日暑い日が続きますね。
吹奏楽部の方々はコンクールへ向けて最後の練習に励んで見えることと思います。

さて、今日は最近僕の生徒さんの多くが悩んでいる指使いについて書きたいと思います。

女性の生徒さんで手が小さくキーに届かないとか、早い動きの際に指が動かない、もしくはクロスフィンガリングの際に余分な音が混じってしまうなど・・・色々な指の問題があると思います

まず、左親指はいつもサムレスト(指を置く丸くなっている部分)に密着させておき、指先の方向は常に時計の2時方向に向けておくこと
(左親指を離すと楽器が動いてしまい、音色が変わってしまったり、無駄な動きが多くなり早い指回しができにくくなってしまいます)

次にキーを押していない指も必ずキーボタンに軽く触れておくこと。押してしまうと音色が変わってしまうので、あくまでも触れておく程度にしましょう。また初心者以外はサイドキー・パームキー・テーブルキーにも触れておくとスムーズな指使いができるはずです。

さらに親指以外の指は左右ともに第一・第二関節が軽く曲がっている状態にしておくこと。ピアノのレッスンで言われる鍵盤に手を置いたときに手の中と鍵盤の間に卵が1個入っているような状態にすること。
よく指をまっすぐに伸ばして、第1関節より先だけを反るように曲げて吹く方が見えますが、スムーズに指が動かなくなりますので、絶対にやめましょう

そして親指は関節を曲げたり、ムリに反らせたりしないようにしましょう

また、キーを押す力は必要最小限にしておくようにしましょう。サックスはソプラノリコーダーのように穴をふさいで音を出すわけではないので、力を入れすぎると指の動きが鈍ってしまうだけで何もいいことはありません。
音がひっくり返ってしまうのは指のせいではありません。
リードやマウスピースが原因かもしくはタンポに隙間が開いてしまっているからです。隙間が開いたらすぐ楽器屋さんで調整してもらいましょう

最後に複数の指を同時に動かすときは同時に動かすのが基本ですが、なかなか上手く行かない場合、同時に押す場合は押す一番下の指を先に押す気持ちで、同時に離す場合は逆に離す一番上の指を先に離す気持ちで動かすように練習してみましょう。

クロスフィンガリングが苦手な方も多く見えると思います。
何度もゆっくりしたテンポで練習を続けてください。
クロスフィンガリングを克服するエチュードもありますのであきらめずにやってみましょう

 

(2011年7月16日(土) 15:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽団設立経験も。あなたとバンドを盛り上げる演奏をサポート

ブログ記事 ページ先頭へ