サイタ音楽教室サックス教室テナーサックス埼玉 いろは・サックススクール スクールブログ スケール

スケール

スケールには様々な種類のものが存在しますが、特に日々の基礎練習として、各調のスケール(音階)を練習します。
そもそも、音楽には調性(ハ長調とかト長調とか)が長調、短調あわせて24あるのですが、あらかじめその調性のスケールを練習して慣れておく訳です。
ドレミファソラシドと順々に上がっていくスケール、
ドミレファミソファラ…と上がっていく3度のスケール、
等々様々なバリエーションのスケールがあります。
これらにアーティキュレーション、リズムを加えて練習することで、すんなり曲に入っていくことができます。
日々の練習で欠かす事のできない要素です。

 

(2011年5月31日(火) 20:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックも!基本のクラシック~太鼓との共演までジャンルを制限しないレッスン

新着記事

この前乗ったColors of Scenery JAZZ ORCHESTRA。Face bookのYahooゲームで取り上げられている!しかもなにやら褒められている! ちょっと感動。がんばります。 http://www.facebook.com/notes/yahoo%E3%82%B2...

楽器の練習というと、スケール、エチュード、曲のおさらい、などなど、楽器を鳴らしての練習を思い浮かべます。 自分から音を発するほうに重きを置いているわけです。 これは、まあ当たり前のことで楽器に触れなければ上手くはならないのです。 しかしながら、やみくもに楽器の練習ばかりしていてもあまり上...

スケールには様々な種類のものが存在しますが、特に日々の基礎練習として、各調のスケール(音階)を練習します。 そもそも、音楽には調性(ハ長調とかト長調とか)が長調、短調あわせて24あるのですが、あらかじめその調性のスケールを練習して慣れておく訳です。 ドレミファソラシドと順々に上がっていくス...

テナーサックスのスクールを開くにあたりテナーサックスについて触れておこうと思います! サックスは一般的に使われている種類のもので、音が高いほうから順に ・ソプラノ ・アルト ・テナー ・バリトン に分かれています。 同じサックスといえども種類があるわけです! 中でも、ア...

ブログ記事 ページ先頭へ