音楽教室トランペット教室東京 小倉大都トランペットスクール レッスンノート

小倉大都トランペットスクールレッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

息の速度
先日のレッスンお疲れ様でした! 新しい楽器、とても良い感じですね。 今後使っていけば楽器も鳴りやすくなって来るので、より音を出すのがスムーズになっていきますよ! 今回は...
トランペットを吹いてみよう!
先日のレッスンお疲れ様でした。 こちらでは、音を出す為に抑えておくべき事をまとめます。 ・息を大きく吸う ・楽器を真っ直ぐに構える ・音のイメージをしっかりと持つ ...
本番での演奏
曲を通じて、以下の3つを常に考えましょう。 ①息を大きく吸う ②一つの音に終着しない ③楽しく演奏する ①は、緊張したりすれば必ずいつもより吸う量が減ります。 急いで吸わず...
ドレミの歌
この曲は演奏の正確さよりも、明るい音で吹く事を意識しましょう。 音は常に歯切れの良い音で、音を切る時は尾を引かないように吹きましょう。 また、指が少し難しい部分、音を伸ばしている...
A Song For Japan
この曲はイントロが最も重要になります。 大切なのは、次のフレーズへ進む時に慌てない事です。 一人で吹く場合、音を伸ばしたり息を吸う時に、前に必要以上に進みたがってしまいます。 この...
A Whole New Wolrd
この曲は、テンポの流れが思っているよりも速く進行します。 一つ一つの音に執着してしまうと、流れが止まってしまいやすく、リカバリーするのが難しいです。 一つのフレーズを、虹のようなアーチを...
トランペット・基礎について
先日のレッスンお疲れ様でした! ここでは、トランペットを吹くに当たっての基本的な注意を上げておきます。 ・息を大きく吸う ・楽器を真っ直ぐに構える ・音のイメージをしっかりと...
高音へのアプローチ
レッスンお疲れ様でした! 今回は、高音へのアプローチについてお話します。 高音に関して、狙うイメージ技術はしっかりと持っていると思います。 しかし、息が少し足りないのと、それに...
タンギングへのアプローチ
レッスンお疲れ様でした! 今回は、タンギングについてです。 タンギングは、究極的には自分が言える速さがそのまま楽器でも現れます。 また、無理をして発音したりすれば、音にも無理が必ず...
スラーを行う為に
レッスンお疲れ様でした! ここではスラーについてお話します。 スラーは丁寧にというイメージが強く、もちろんそれ自体は良い事なのですが、息が流れづらくなってしまいがちです。 特に...

小倉大都トランペットスクールのレッスンノート ・・・計185件

小倉大都トランペットスクール ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta