音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(6ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

トランペットは唇を震わせて音を出す...
トランペットは唇を震わせて音を出す楽器なので、唇が逃げないように気をつけてください。 楽器は左手でしっかり持って、右手は添えるだけ。 音を出す前に、しっかり息を吸って、素直に出しましょう。 ...
レッスンお疲れ様でした。今回は...
レッスンお疲れ様でした。 今回はまだ吹いて間もないということで、簡単なコツをまとめさせていただきます。 まず呼吸関係ですが、 ・息は吸ったつもりにならず吸い込むこと(目一杯ではなく体の...
昨日の分です。バズィングの範囲...
昨日の分です。 バズィングの範囲を指定するのにどのあたりを意識したらいいかを確認しました。 唇の状態が最適なまま上がり下がりができるか確認しました。 最後に上に上がっていくのに、スラーでは...
前回までの経過を見つつ音域を広げる...
前回までの経過を見つつ音域を広げるためリップスラーに取り掛かることにしました。 上に上がるためのコツとして言われてるのは ・息を出しながら唇を巻くように上がる ・頬を固定したまま唇をすぼめ...
音出しを実際に一緒にやってみました...
音出しを実際に一緒にやってみました。 マウスピースで、唇の反応を確認し必要に応じてほぐしたり、唇の振動が無駄なくマウスピース内に収まっているかを確認しました。 そのあとで少しずつ音域を広げ楽...
アンブシュアについての再確認をしま...
アンブシュアについての再確認をしました。 アンブシュアというのはそうしなければ吹けない唇の形と言うわけではなく、息を当てたら音が鳴ってくれる(唇が振動する)状態をさした言葉です。 唇を平坦に...
・ブレスコントロールについての説明...
・ブレスコントロールについての説明、トレーニング ・マウスピースでの確認、ポイント説明と実践 ・楽器をつけて上記がうまくこなせるかの確認、ロングトーンでの確認 大まかに以上でした。 ...
トランペットの奏法の基礎のさわりを...
トランペットの奏法の基礎のさわりを一通り説明&実践しました。 息のこと、アンブシュアのこと、音色(雑音や音の種類)のこと、高低(倍音)のこと、タンギングのこと。  紙を使ったり、鏡を見たり、...
高い音を出すための要点と、石桐山さ...
高い音を出すための要点と、石桐山さんが掴みやすかったイメージ ・唇が震える範囲を短くします→八重歯の下辺りの口を少しずつ寄せる感覚、Pの子音を発音する感覚で。 ・息の流れを一定にします→紙に...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計59件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta