音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

・アンブシュア息を流せば自然と...
・アンブシュア 息を流せば自然と唇が震えてくれる口周りの形をアンブシュアといいます。金管楽器はいかにそのアンブシュアをコントロール出来るかで音色や演奏が変わってきます。 ・アパチュア ...
マウスピースでの音の変え方・音...
マウスピースでの音の変え方 ・音を鳴らしながら唇を少しだけ突き出したり、巻きこむようなイメージで動かすと音程が変わります。口周りのストレッチやコンディションを整える効果があるので、楽器を吹けな...
音出しについて・しばらく吹かな...
音出しについて ・しばらく吹かなかったことで固まった筋肉をほぐしたり唇の柔軟を行うことなどをいいます。 ・息がスムーズに流れるか体をほぐしたり発声練習をしたり、音感が冴えているか歌ってみたり...
基本的な音の出し方・ニコットし...
基本的な音の出し方 ・ニコットしてプ(PU)又はエム(M)の形を意識して、息で唇を震わせて出します。 ・息はジワジワ入れるのではなく、自分でタイミングを決めて目標に当て続けてあげるイメージで...
一番初めの音の出し方唇を息...
一番初めの音の出し方 唇を息でこすり合わせるとブーという音が出ます。 それが音のもとですのでマウスピースや楽器を吹く時は唇を「M」の形にすることを意識してみてください。 顎を出してあう...
譜読みをする時は、ゆっくり歌いなが...
譜読みをする時は、ゆっくり歌いながらピストンを押すと覚えやすいので試してみてください。 歌う時は頑張りすぎないで音程が正しく取れるように。 まだ顎が引いてしまって下唇を食べてしまう時がありま...
・森のくまさんを格好よくするために...
・森のくまさんを格好よくするために 息を口で送ると音が潰れてしまうので体を使って息を流しましょう。アンブシュアを作ったら息を流すことを忘れないでください。 唇の赤いところではなく、周りの筋肉...
コンクール曲についてMの三...
コンクール曲について Mの三連符は一拍ずつ区切ってる、メトロノームなどに合わせながらテンポを上げる練習をしてみてください。 三番管を開けることを忘れずに! 16分音符の半音階は、単...
呼吸法腹式呼吸と名のつくものは...
呼吸法 腹式呼吸と名のつくものは、横隔膜をコントロールし肺を大きく広げて呼吸することをいいます。 今は呼吸をしようとすると胸式呼吸と呼ばれることのある方法、腹筋の助けを使わず肩に力を入れたり...
次の課題を参考に練習しました。...
次の課題を参考に練習しました。 マウスピースで曲が吹けるように遊び程度に練習してみてください。できれば口笛の練習もしてみてください。 指のトレーニングもこつこつ続けてみてください。 ...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計59件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta