音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎的な奏法と上達方法
アンブシュア ・子音のMを発音した後の唇の形、またはニコッとしてPの子音を発音する形に整えてください。 ・バズィングは上下の唇を息で震わせて行います。アパチュアがなるべく開かないように、マウ...
・音の距離、音色(音の質)、音程、...
・音の距離、音色(音の質)、音程、マウスピースにフィット、なるべく唇を締める(小指の広さ)をそれぞれイメージして音を出しましょう。その時、お腹で圧をコントロールしてあげると、なお吹きやすくなった...
音を安定して出すための練習を行いま...
音を安定して出すための練習を行いました。 ・思っているよりも唇をぎゅっと閉じなければ上手く音は出せません。最初は疲れてしまったり上手くできなかったりで大変ですが、頑張って閉じてみましょう。...
日々の練習・ウォーミングアップ...
日々の練習・ウォーミングアップ ・楽器を吹く前に体をほぐしてブレスのコントロールを確認したり、顔を動かしてよく表情筋を解します。バズィングが上手く鳴るよう調整をします。 ・マウスピースを...
トランペット(金管楽器)の基礎奏法...
トランペット(金管楽器)の基礎奏法 ・バズィングによって楽器を共鳴させて音を鳴らします。そのバズィングは息によって唇をこすって震わせることで起きています。そのため音を出したい時ほどきちんと口を...
マウスピースでの練習・音を下げ...
マウスピースでの練習 ・音を下げる時はムスッとするように下唇を突き出すようにしてください。 ・音を上げる時はマウスピースの上の方に息を当てるように、またはニコッとしながら真ん中にキュッと寄せ...
・アンブシュア息を流せば自然と...
・アンブシュア 息を流せば自然と唇が震えてくれる口周りの形をアンブシュアといいます。金管楽器はいかにそのアンブシュアをコントロール出来るかで音色や演奏が変わってきます。 ・アパチュア ...
マウスピースでの音の変え方・音...
マウスピースでの音の変え方 ・音を鳴らしながら唇を少しだけ突き出したり、巻きこむようなイメージで動かすと音程が変わります。口周りのストレッチやコンディションを整える効果があるので、楽器を吹けな...
音出しについて・しばらく吹かな...
音出しについて ・しばらく吹かなかったことで固まった筋肉をほぐしたり唇の柔軟を行うことなどをいいます。 ・息がスムーズに流れるか体をほぐしたり発声練習をしたり、音感が冴えているか歌ってみたり...
基本的な音の出し方・ニコットし...
基本的な音の出し方 ・ニコットしてプ(PU)又はエム(M)の形を意識して、息で唇を震わせて出します。 ・息はジワジワ入れるのではなく、自分でタイミングを決めて目標に当て続けてあげるイメージで...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計65件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ