音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

トランペットの基礎について
・トランペットを含めた金管楽器は息を使って唇を震わせて(バズィング)音を出します。 ・息を送れば音がなってくれる形、楽器を吹く際の口の形をアンブシュアと言います。トランペットのアンブシュアは子...
手のひらを太陽に
基礎 ・マウスピースは唇に押し付けず唇をフィットさせる ・口を閉じてセッティング、MかPでバズィングがなるようにセット ・まっすぐ同じところに向かって息を流し続けます。 ・音出しはマ...
君をのせての演奏2
基礎 ・マウスピースは唇に押し付けず唇をフィットさせる ・口を閉じてセッティング、MかPでバズィングがなるようにセット ・まっすぐ同じところに向かって息を流し続けます。 ・音出しはマ...
君をのせての演奏
・演奏前のセッティングの際に口を開いている状態で慌てて吹き出してしまっているので、必ず口を自然に閉じた形でセッティングしましょう。子音Mの形をイメージしてください。 ・曲中の高音部ですが、口周...
君をのせての演奏
・演奏前のセッティングの際に口を開いている状態で慌てて吹き出してしまっているので、必ず口を自然に閉じた形でセッティングしましょう。子音Mの形をイメージしてください。 ・曲中の高音部ですが、口周...
トランペットの基礎について
整備 ・ピストンの手入れはこまめに行ってください。ピストンをしまう時は向きに気を付けてください。 ・抜き差し管はグリスが乾いたり汚れたら、古いものを拭きとって新しく塗りなおしてください。 ...
基礎的な奏法と上達方法
アンブシュア ・子音のMを発音した後の唇の形、またはニコッとしてPの子音を発音する形に整えてください。 ・バズィングは上下の唇を息で震わせて行います。アパチュアがなるべく開かないように、マウ...
・音の距離、音色(音の質)、音程、...
・音の距離、音色(音の質)、音程、マウスピースにフィット、なるべく唇を締める(小指の広さ)をそれぞれイメージして音を出しましょう。その時、お腹で圧をコントロールしてあげると、なお吹きやすくなった...
音を安定して出すための練習を行いま...
音を安定して出すための練習を行いました。 ・思っているよりも唇をぎゅっと閉じなければ上手く音は出せません。最初は疲れてしまったり上手くできなかったりで大変ですが、頑張って閉じてみましょう。...
日々の練習・ウォーミングアップ...
日々の練習・ウォーミングアップ ・楽器を吹く前に体をほぐしてブレスのコントロールを確認したり、顔を動かしてよく表情筋を解します。バズィングが上手く鳴るよう調整をします。 ・マウスピースを...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計71件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta