音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

曲のステップアップ
・はじめの音の高さが確実に当たるように、きちんと準備をしましょう。音の高さをイメージする、正しいアンブシュアを作ることが大切です。 ・高い低いが一つのフレーズの中にある時、難しい所だけ頑張るの...
曲のステップアップ
・まず、はじめの音を使って、リズム通りに吹いてみます。その時に途中で音が途切れたり、音色や音程がおかしくならないように吹けるようにします。準備やブレスの位置も確認しておきましょう。 ・綺麗に吹...
リップスラー
・まず唇の端ではなく、その指一つ分中側のところをうにうに動かしてストレッチをします。 ・マウスピースでまっすぐ音が伸ばせるようになったら上下に動く時、先に動かしておいた筋肉を意識して柔軟に動か...
本日のレッスンについて
・変拍子の曲は、どこが強拍になるのかを意識しましょう。 ・変拍子のメロディは本来あったはずの準備時間が端折られてなくなっていたり、その逆で一段階段が勝手に増えたようなつまずきが起きます。呼吸を...
トランペットの基礎について
トランペット(金管楽器)はバズィング(唇を息で擦り合わせた音)を使って演奏します。 ・楽器はいい加減に持たず正しい形で持ちます。 ・マウスピースの当て方は歯が潰れない程度に、唇との隙間が...
トランペットの基礎について1
・最初にマウスピースを吹きましょう。唇とマウスピースの隙間が開かないよう押し付けない程度に当てます。マウスピースの穴は案外狭いので、その穴に向かって息を流します。 ・バズィングは上下の唇が触れ...
次のステップに必要な練習
・普段から楽器を吹く時に短くぷっぷっと吹く癖をやめましょう。口で息を絞って送る癖がついてしまっています。 ・楽器を吹く時に音をだそうだそうとするのではなく、きちんと息を吸って、息を送って音を鳴...
次のステップに必要な練習
・高い音を安定させるために、 ①マウスピースで安定して音を出せるようにする、色々な高さの音が出せるようにする ②楽器をつけて、マウスピースよりも狭くなった狙いに的を絞って、継続して音を吹...
トランペットの基礎について
・トランペットを含めた金管楽器は息を使って唇を震わせて(バズィング)音を出します。 ・息を送れば音がなってくれる形、楽器を吹く際の口の形をアンブシュアと言います。トランペットのアンブシュアは子...
手のひらを太陽に
基礎 ・マウスピースは唇に押し付けず唇をフィットさせる ・口を閉じてセッティング、MかPでバズィングがなるようにセット ・まっすぐ同じところに向かって息を流し続けます。 ・音出しはマ...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計59件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta