音楽教室トランペット教室東京 楽にこつこつトランペットレッスン レッスンノート

楽にこつこつトランペットレッスンレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

練習について
・マウスピースでの練習は矯正のこともあってやり過ぎないように伝えましたが、音が出ないまま放置するのは違います。楽器中心に練習をして、音がきちんと出せる・うまく筋肉がついて少し楽になったらマウスピ...
基礎レッスン
・まず、楽器を吹く前にかるく口周りをほぐしました。鏡を見てまんべんなく動かすといいと思います。レッスン内ではやりませんでしたが、ブレスの練習もしておくことも大切です。音を出さずにできるので、スタ...
今後の目標
・安定した音が出せるようになってきたので、これからは自由に音を動かすように練習していきます。 ・タンギングとスラーがどうしても混ざりがちなので、タンギングはタンギング、スラーはスラーで守れるよ...
ブレスとアンブシュア
金管楽器、ひいては吹奏楽器は息の扱い方を上達させていくことが大切です。 ・横隔膜を動かす感覚を覚えましょう。は、は、と息を吐きましょう。最低でも40秒から1分、同じテンポで吐き続けて筋トレ...
ロスロイ
・お腹の使い方が安定してきているので、音色をよく気にして練習していきましょう。下っ腹を突き出すようにして支えます。 ・息をしっかり使えば自然なアンブシュアで吹けるようになってくるので、ねじ込ん...
矯正による不調について
・口に頼れない分、折角なのでお腹の使い方をしっかり掴んで支えにしましょう。 ・おへそをぐっと突き出すようなつもりで構え、息をしっかりぱっと吸い込みます。お腹をぐっと支えたまま息を流して吹きまし...
トランペットの基礎
・トランペット及び金管楽器は唇を息で震わせて出すバズィングを音の元にして鳴らす楽器です。息だけで口の吹こうとした時にアンブシュア(音が鳴ってくれる口の形・状態)が作れていないと、きちんと音が鳴っ...
調子が悪い時
・いつもより音が出しづらい、吹きにくい、と感じる時はまずブレストレーニングをしましょう。 ・はの口で息を吐き続けた時に、しっかり背中の支えがあるか確認します。元々背筋は弱めなので、前に軽く倒れ...
ロスロイ
・マウスピースがうまく鳴らないから練習しない、ではなくうまく鳴るように練習をしましょう。 マウスピースが吹けないまま続けていくと、いつか大きく調子を壊して音を出せなくなります。 ・マウスピー...
ロスロイ
・口周りがかなり固くなっていたので、練習前、音を出す前までにストレッチをしてほぐすことを意識しましょう。 ・バズィングが鳴れば音は必ず出るので、マウスピースをネジって口に当てるくせはなくしまし...

楽にこつこつトランペットレッスンのレッスンノート ・・・計79件

楽にこつこつトランペットレッスン ページ先頭へ