音楽教室トランペット教室東京 トランペットレッスン レッスンノート

トランペットレッスンレッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ウォームアップ、リップスラー、タン...
ウォームアップ、リップスラー、タンギング、ロングトーン。 真ん中のソの音から、力が入ってしまい、上手くエアーが流れなくなってしまうので、なるべくリラックスして吹けるようにトライして下さい!...
まず、音がなる感覚をゲットできるよ...
まず、音がなる感覚をゲットできるようにと、唇の形、息の使い方をやってみました。 最後の5分で、リラックスして、少し音がなるようになったので、その調子で少し練習してみてください。 ...
前回の復習。ウォームアップ...
前回の復習。 ウォームアップ、リップスラー、ロングトーン音階練習。over the rainbow。 ウォームアップでは、前回よりもリラックスして音を出せるようになっていて、驚きまし...
ウォームアップ、その他基礎練習のお...
ウォームアップ、その他基礎練習のおさらい。 タンギングの説明。 舌で空気を止めるのではなく、イメージするのであれば、水道から出ている水を空気と例えて、流れてる水を手で切るのを舌だと例えて...
マウスピースで音を出すのも大切です...
マウスピースで音を出すのも大切ですが。空気の使い方、唇の振動を覚えて、音を出す作業をしました。 音階練習もゆっくり、下のソからチューニングのドまで、何とか吹けるようになりました。
トランペットを吹くに当たって、バズ...
トランペットを吹くに当たって、バズィングの意識より先に、エアーコントロールの意識を重点的に考える。 基本ウォームアップ、ロングトーン、リップスラー、タンギング。練習をするとき、必ず休みを間...
初めに、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのスケール練習方...
初めに、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのスケール練習方法。 楽器の基礎練(特にリップスラー)、ウォームアップ法をやりました。 リップスラーでは、エアーの量、舌の位置を意識してやりました。 楽器を吹くと...
今回は、初回ということで、基礎、ウ...
今回は、初回ということで、基礎、ウォームアップを中心にやりました。 特に目立った点、指摘した点は。 リラックスをして、息を沢山吸い、柔らかい音色を出す感じをイメージする、ということを意識して...

トランペットレッスンのレッスンノート ・・・計38件

トランペットレッスン ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta