音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(9ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

音色の向上の為のトレーニング
今回はこれまでよりも音が良くなってきていましたので、改めて何に注意すべきか、どこに注意すべきかを具体的にお話しさせていただきました。 舌の使い方の図解と呼吸のチェックをする事で、良い音が何...
曲の練習
今回は曲のソロ部分を中心に練習しました。 ミュートをしてのソロなので、いつも以上にしっかりと息を吹き込む意識と、アクセントの部分はよりはっきりと吹くように意識する必要があります。 アドリ...
基礎と曲の練習
今回は基礎と曲の練習を中心に進めました。 基礎では複数の調で音階練習とリップスラーを練習しました。 特にリップスラーでは以前よりとても上達していたので良かったです。良いリラックス状態と呼...
C管の練習
今回はC管の練習を中心に、息の使い方を練習しました。 C管は全体的に音を低くとりがちなので、イメージは半音から1音上を吹くつもりで演奏すると音が当たりやすくなります。 その上で息を一箇所...
曲とタンギングの練習
今回は曲を何度も最後まで通して練習していきました。 前半部分に関しては、息のスピードに気をつけているとだんだんと音がちゃんと当たりやすくなっていっていました。 後半はタンギングが重要ですが、...
楽譜の解釈
今回は主に、楽譜の解釈についてや実際に練習してみて演奏の問題点を挙げていきました。 メゾフォルテの捉え方、息の使い方、フレーズ毎に息を一本にする等のお話をさせて頂きました。 またリップス...
ソロ曲の選定
今回は主に今後練習していくソロ曲の選定をしました。 選んだ曲はなかなか大変な曲ですので、じっくりと時間をかけて練習していくようにしましょう。 奏法に関しては、力に頼らずに高音を演奏するよ...
曲のアーティキュレーション決め
今回は曲のアーティキュレーション決めを中心に進めました。 曲の残りのアーティキュレーションを決めて、楽譜に書き込んでいきました。次回以降はこれに沿って練習を進めましょう。 奏法に関しては...
リップスラーと曲練習
今回はリップスラーを中心に進め、曲の練習もしていきました。 速い動きのリップスラーで、息の流れの大切さと力まないで吹く大切さが少しつかめたと思います。 音域の広いリップスラーも同様で、高...
アーティキュレーション決め
今回は曲のアーティキュレーションを自分で考える事を中心に進めました。 原曲がある曲だと、ある程度は原曲に似せつつ、トランペットらしいアクセントなどアドバイスさせて頂きました。 演奏面では...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計678件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ