音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(8ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

持久力に関するアドバイス
今回は曲中における奏法の変化や持久力の問題解決に向けたアプローチをしていきました。 合奏で奏法が変化してしまうのは「音を確実に当てよう」という意識が強いから、という可能性があります。それ自...
曲を通しての基礎部分確認
今回は曲の中でも基礎が崩れないで演奏出来るように、曲で基礎の確認をしていきました。 難しいフレーズになると少しですが以前の奏法に近くなってしまう事がありましたので、必ず「唇を開かずに楽器を...
曲を通してコルネットなどの練習
今回はコルネットを中心に曲を練習しました。 全体的に息を楽器に押し込みがちに演奏していますので、大きい音量を出したいなどのときも力ではなく息を体の深い部分から一気に吐くように意識して吹くこ...
アンブシュアとブレスコントロールの練習
今回はアンブシュアのチェックとブレスコントロールの練習を中心に進めました。 アンブシュアでは息の角度に注意して、息をしっかり吐くことに集中すると良いでしょう。 ブレスコントロールは、息を...
曲の練習
今回は曲の練習を中心にしっかりと練習しました。 音はラの音までちゃんときれいな音で出ていましたし、後半のタンギング(音を舌で区切る奏法)もとてもきれいでした。 曲も最後まで、ひとまずは吹...
アンブシュアの調整
今回はアンブシュアの調整をメインに進めました。 下唇が開きすぎると高音が出にくい、音が硬い、疲れやすいなどの影響が顕著に出てきます。 この点を気を付けて練習することで、最初は当て方が変わ...
速いフレーズと曲の練習
今回は16分音符ですぐに動くパターンの練習と曲の練習をしました。 16分音符は高い音まで行っても息がスムーズであることを第一に考えて練習することで、力が抜けた良い音が出ていました。 今回...
曲を通して持久力を上げるためのアドバイス
今回は曲を通してアンブシュアを楽にする事、吹き始めの1音を注意する事を中心に進めました。 唇周りの力みが持久力や音質を犠牲にしてしまっているので、この点を改善していくようにしました。 同...
アンブシュアのチェックと曲の練習
今回はアンブシュアのチェックというを中心に、曲の練習もしていきました。 唇周りは特に上唇のリラックスが重要で、下唇が上唇を支えるように、しっかりと使ってあげるようにしましょう。 楽器も下...
基本の奏法
今回は主に楽器を吹く上で必要になる筋力をトレーニングする事に集中して、その上で少し指遣いなども練習しました。 大事なポイントは、息を深く吸って止めずに吐く・楽器の中にスムーズに息を流すことです...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計657件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ