音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎奏法
今回のレッスンでは基本的な奏法から練習しました。 全体的に力みがちで演奏していますので、今後はその力をどう抜いていくかが上達の鍵です。 後半は息が徐々に抜けるようになってきて、スムーズになっ...
曲の練習
今日の体験レッスンでは、曲を通して呼吸や奏法についてのアドバイスや曲そのものについてのアドバイスをさせていただきました。 すべての基礎になる息を吸う事、吐く事はより良い状態で出来るようになると...
力を入れずに演奏する練習
今回も引き続き力を入れないで演奏する練習をしていきました。 息を吸うとき、吐くときに力は入りやすく、この時点でどれだけ楽な状態をキープできるかが鍵です。 今回のレッスンでは良い状態で演奏でき...
曲の練習
今回は曲の練習を中心に、曲の最後まで練習していきました。 指間違い等はまだありますが、息は以前よりも自然に入るようになってきていると思いますので、とても良い傾向だと思います。 この調子で息は...
力を抜いて演奏する練習
今回は主に力を抜いて演奏する練習をしていきました。 音を間違えたり、音が出なくても、まずは息を楽器にしっかりと通すことのみに集中して練習しました。 その結果として以前よりも力が抜けてきている...
楽器の洗い方、基礎奏法
唇が閉じすぎて吹いていると息が楽器に入らず、苦しそうな音になっていました。唇の力を抜いて、少し開き目にすることでスムーズに息が入ってきれいな音、楽そうな音になっていました。 この状態を忘れずに...
喉のリラックス
これまでも唇のリラックスについてはお話ししていましたが、今回はそれに加えて喉のリラックスについてお話ししました。 息は常にため息のような無駄な力が抜けた状態で演奏できるように練習しました。 ...
体全体のリラックス
演奏時に唇が硬くなって構えてしまったり、息の吸う・吐くで力が入りがちでしたので、意識して滞りの無いようにしていく事が大事です。 吸う時が力が入りやすいので気をつけて、意識して楽に吸えるようにし...
顎を使う
現状の演奏だと唇を主に使った奏法をしていて、音が固くなりがちです。また高い音も出にくかったり低い音も難しくなったりしていますので、何もせず自然に構える・楽に吸って楽に吐く・顎を少しだけ閉じる、だ...
持久力の練習
今回は持久力を上げる練習をしました。 ある程度の時間、楽器を支える為の練習と、楽器をすぐにおろさないで何度か連続して吹く練習をしていきました。 楽器を支える為には特に左手が大切ですが、ちゃん...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計576件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ