音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎チェック
今回も基礎のチェックをしていきました。 総合して、息をもっとまっすぐに、遠くに意識して吹くようにしていくことで全体的によくなる傾向でしたので、ロングトーンなどでよく流れを確認しましょう。 ...
音階と曲の練習
今回は検定の音階と曲を練習しました。 音階はmajor scaleよりもharmonic minor scaleの指が危ないところがあるので、そちらを重点的に練習しておきましょう。 また...
基礎奏法の確認
今回は基礎奏法の確認と、気をつける点について練習していきました。 基本的にはマウスピースで吹いている状態と同じようにすることで、力んでいるポイントなどを見つけていきやすいです。 まずはマ...
息の流れの確認
今回は息の流れの確認として、別のアプローチで進めていきました。 マウスピースを使った練習で確認しましたが、比較的わかりやすかったのでは無いでしょうか。 いかに滑らかに、大音量にならずに吹くか...
曲の練習
今回は朝練トランペットの普段やっていないページや、曲を思い出しつつ練習していきました。 マウスピースでの練習セクションでは、チューナーを使いつつ、音程をしっかりとって練習することが大事です...
曲の練習
今回も曲を練習して、テンポを揺らしながら吹く歌い方や、音質、タンギングのアドバイスをさせていただきました。 すべての要素で共通するポイントはやはり息が止まりがちであるということです。 息...
曲とタンギングの練習
今回はタンギングをメインに、曲の練習もしていきました。 焦らずにやればとても綺麗にタンギングもできて音も綺麗に出ているので、その調子で進められれば問題無いでしょう。 マウスピースのみを使...
曲の練習
今回は検定の曲をできるだけ多く練習しました。 全曲とも指は段々と安定して動いてきていますので、そのままどんどん楽譜を覚えてしまいましょう。 一部テンポが安定しない部分や、音量が大きく変わ...
リップスラー、タンギング練習
今回はリップスラーとタンギングの練習を主に進めていきました。 どちらも口の中を広げすぎず、舌で前の方を狭い状態をキープしたまま吹く事で、これまでよりも安定感が出た吹き方でとても良い音で演奏...
曲を通してタンギングの練習
今回は曲を通してダブルタンギングと高音の吹き方を確認しました。 どちらも共通して舌の使い方が重要で、早くしたいから・はっきり吹きたいからと舌を硬くしてしまうと、逆に思ったような演奏ができな...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計675件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ