音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

奏法の確認
今回は奏法の確認を中心に、アーバンと曲の練習をしていきました。 呼吸の部分に意識を向けて、息を吸う・吐く部分で特別なことをやらないようにしていくことで、リラックスして演奏できるようになり、...
息の重要性
今回は息の重要性についてを中心に、様々な練習をしていきました。 現状だとアンブシュアに気を取られて息がちゃんと吐けていない状態といえるので、しっかり吸って吐く、一定に吐くことを第一にして舌...
新曲練習
今回は新曲の練習をしていきました。 特に臨時記号が多い曲でしたので、奏法が不安定になりがちでした。 新しい曲を演奏するときでも、息はしっかりと吸って吐くように常に注意して、安定させましょ...
曲練習を通じた高音の出し方とリラックス
今回はオリンピックファンファーレの部分を中心に練習しました。 高音が多く大変な曲ですが、そういった曲でも大事なのが「余分な力を入れない事」です。 特に、高音を吹かなきゃと考えて唇の準備な...
低音練習
今回も引き続き低音の練習をしました。 リップスラーでも低い音になるにつれて、唇を緩めがちになっているので音程が曖昧になったり、奏法が乱れたりしていました。 高音と唇は変えず、口の中側の広...
「ちょうちょ」の練習
今回は「ちょうちょ」の曲をしっかりと練習していきました。 今回は特に、講師の演奏をよく聞いて、部分ごとに真似をするようにしてもらいましたが、しっかりと聞いた時はとても良い演奏ができていまし...
低音域の導入
今回は発表会の反省と、今後の方針を確認しつつ、低音域の練習をしていきました。 高音に関してはこれまでで大分しっかりと演奏できるようになってきましたので、低音域を安定させる事でさらに高音を楽...
曲の練習と基礎の練習
今回は曲の練習と普段に取り入れていきたい練習を幾つか行いました。 基礎部分としては広範囲のリップスラー練習を一息で行うことが大事です。 音域ごとに吹き方を変えていたりするとうまく移行でき...
基礎奏法の練習
今回は良い音を出すために、リラックスした状態で楽器に息を入れられるように練習していきました。 余分な力は音が出る事の邪魔をするばかりですので、いかに力を入れる間を作らないかが重要です。 ...
発表会の練習
今回は発表会前最後の練習でした。 メインの曲はほとんど問題ありません。全体演奏の曲も、基本的に問題ありませんでした。 どちらにも言える点として、呼吸が硬くならないこと、スムーズに息を吐く...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計657件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ