サイタ音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

より楽に、より良い音に
今回は ・吹き始める前の息を吸う部分から、息を吐き始めるまでの状態確認 ・顎と舌の確認 ・タンギングの練習 を中心に進めました。 一点ずつ少しずつでも良くしていければ、良い音、...
ブレスコントロールの確認
今回は ・息の使い方によるリラックスの導入 をメインに進めました。 吸う・吐くだけの流れに、アンブシュアを作ったりその他の要素を入れようとしすぎてしまうと、息の流れが止まってしまい...
曲の仕上げに向けて
今回は ・曲全体を通して、問題点の洗い出しと練習 ・テンポを出しての練習 を進めました。 早い部分に関して、逆に指が早く動きすぎる場合があったので、その点には落ち着いて対処しまし...
曲の練習
今回は ・曲全体の練習 ・指の練習 をメインに進めました。 指練習の教本は、難しい調以外は大分スムーズになってきましたので、そのまま何度も繰り返してスピードを上げていきましょう。...
演奏時の口周りの状態の練習
今回は ・口周りの状態や舌の確認 ・音が出なくても一定に息を吐く練習 を中心に進めました。 今までよりも顎や舌が開きすぎていないので、音も良く、演奏もしやすくなっていると思います...
音階練習
今回は音階練習をたくさんしました。 下のドからスタートして、一音ずつ音を増やしていき、上のドまでいきました。 音も吹き方に気をつければしっかりと良い音で鳴っていますので、その当たりを増やして...
奏法のチェック
今回は ・力の余分にかかった部分の確認 ・リラックス状態の確認 ・高音時のイメージと実践 ・リップスラーで同様の練習 を進めました。 楽に演奏するためには息を吸う・吐くがスム...
楽な奏法と曲での応用
今回は ・演奏を楽に、持続力をつけるためのアドバイス ・曲での応用やフレーズ、タンギングなどの練習 を進めました。 演奏に力が入って硬くなっていましたので、息の力に頼るようにしっ...
顎の開き具合の確認と練習
今回は ・顎の開き方、舌の使い方の確認と練習 を進めました。 音を吹こうとするとき、顎が開きすぎて高音に上がれない、音色がきれいにならないという事が起こっていますので、普段の口を閉...
曲の練習とリップスラー
今回は ・CD伴奏を流しての曲練習 ・とてもゆっくりと速いリップスラー ・バズィング練習 を主に進めました。 リップスラーで高音へ移行するときは、下向きの力が顎や舌にかからない...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計719件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ