音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(16ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

顎を使う
現状の演奏だと唇を主に使った奏法をしていて、音が固くなりがちです。また高い音も出にくかったり低い音も難しくなったりしていますので、何もせず自然に構える・楽に吸って楽に吐く・顎を少しだけ閉じる、だ...
持久力の練習
今回は持久力を上げる練習をしました。 ある程度の時間、楽器を支える為の練習と、楽器をすぐにおろさないで何度か連続して吹く練習をしていきました。 楽器を支える為には特に左手が大切ですが、ちゃん...
曲の決定と奏法確認
主に曲の決定と奏法の再確認をしていきました。 曲はこれまでやっていた曲もあわせて練習していきましょう。今回決定した曲については次回以降譜面の準備をしますので、徐々に進めていきましょう。 ...
アンブシュアのリラックス
今回もアンブシュアのリラックスを念頭に練習していきました。 唇を閉じすぎている傾向が強いので、音が固く高音やリップスラーがきつい音になってしまっています。 ストローを使った練習は効果的でした...
基礎奏法の練習
体験レッスンお疲れ様でした! 今回は基礎的な音の出し方の練習をしました。 また音階の指遣いも練習しました。 力を入れずに吹けている時は綺麗な音が出ていましたのでとても良かったと思います...
アンブシュアのリラックス
今回もレッスンお疲れ様でした! 今回も音のイメージをしっかりと持てるように気を付けながら練習していきました。 何となくざっくりとしたイメージで演奏したり、高くしようと考えて演奏したりする...
演奏の際の注意点
体験レッスンお疲れ様でした! 今回は演奏の際の注意点を中心にお話しさせていただき、曲の練習をしていきました。 注意点は姿勢をしっかりすることと、息を深くたくさん吸って同じようにたくさん吐...
息の使い方
今回は息の使い方を中心に考えていきました。 理想の音に近づけるためにはどんな吹き方をすると良いか、その為の息はどんな息なのか考えながら練習していきました。 すぐに楽器を下さないで何度か繰り返...
音のイメージ
自分が吹きたい音のイメージをしっかり持つことが重要であるという話をさせていただき、実践していきました。 演奏前にイメージをしっかりと持ちましょう。
演奏の際の一つ一つの動作確認
演奏の際は複数の動作を一度にやらず、順番にやることが大事です。 構える→息を吸う→息を吐く→顎を閉じていく 他の部分に注意がいかないように。また「ながら」演奏にならないように気を付ければとて...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計678件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ