サイタ音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(12ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

タンギングや音色向上に向けて
今回は曲の練習の中で、タンギングや音色向上につながる点についてアドバイスさせて頂きました。 音の高低に関係なく、息の圧力と少しの唇や舌の位置による調整が、余分な力の抜けた良い音、綺麗で楽なタン...
新しい曲の練習と大音量の練習
今回はこれまで練習していた「かえるのうた」の練習と、大音量で吹く練習、「ちょうちょ」の練習をしました。 かえるのうたは、ラの音が上手く当たらない事がありますが、息のスピードがしっかりと出て...
発表会の練習
今回は発表会の曲を中心に練習しました。 さらに1曲追加された曲を特に練習しましたが、実際には合奏ですので、周りにつられないように練習する必要があります。まだ時間はありますので自分のパートを...
呼吸の安定化
今回は呼吸の安定を目指して練習していきました。 音自体は以前に比べてしっかりと出て、なおかつ綺麗な音になってきました。それをさらにブラッシュアップするために、呼吸の状態をよりスムーズにする...
息の流れの練習
今回は息の流れが阻害されないように気をつけて朝練を練習していきました。 息を吸う時は特に問題がないのですが、吐く時にも後方を意識しているのか引き気味の吐き方が目立っていましたので、吐く時は...
タンギング、全音域での安定した奏法に向けた練習
今回はタンギングの練習と、音域による音質などの差を小さくする練習をしていきました。 どちらにも共通するのは、息がスムーズである事です。 自分の中で最も吹きやすい音の演奏状態で全音域を吹く...
タンギング練習
今回はタンギングを中心に練習しました。 舌のつく位置や息の状態、全体の流れなどの説明をしましたが、その状態を維持した上で「音が出る」事が大事です。 音は出すのではなく、出るという状態が大...
リップスラーを中心とした練習
今回はこれまでのリップスラーよりも音域を広げた練習をしていきました。 これまで朝練の練習を中心に進めましたが、この領域を超えて練習してくとより上達が見えるようになるかと思いますので、今後は...
曲の練習
今回は曲の練習を中心に、必要な要素の確認と練習をしました。 特に今回の曲ではタンギングがとても重要な要素として出てきます。舌のつく位置、つき方などの話を少ししましたが、その点について今後も...
曲の練習
今回も前回と同じ曲を引き続いて練習しました。 最後の方では高いソやラの音も綺麗に吹けていました。 顎や口の中の前側が開きすぎないように気をつけることで、息のスピードが上げやすくなって高音...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計719件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ