音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート(10ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

アンサンブルコンテストの練習
今回もアンサンブルコンテストの曲の練習を中心に進めていきました。 高音でいかに息をしっかり吐けるようになるか、怖がらずに演奏できるかがネックになっていますので、ここは今後も気を付けて息を吐...
アンサンブルコンテストの練習
今回はアンサンブルコンテストの曲を中心に、どうやって高音を吹くか、持久力を上げていくかの部分のアドバイスをさせて頂きました。 息の遣い方に気をつけて演奏する事でとても良い音になっていました...
低音域を上手く演奏する
今回は「低音域をいかにゆるまずに演奏するか」という部分に注意して練習しました。 この部分が上達することで、ペダルトーンや高音域がより安定して楽に演奏できるようになるので、今後も続けていきましょ...
基礎部分の強化
今回は曲を通して基礎部分の強化を進めました。 高音を演奏するときに力が入るとやはり持久力が足りなくなって音が続かなくなりますので、力を抜いて息の力をうまく使うようにしていく必要があります。...
安定して演奏する練習
今回は息を吸って吐くという流れが常にサイクルするように意識して練習しました。 スピード感がなくなると唇に力が入ってしまいがちでしたので、特に舌を使わないように気をつけて、流れを止めないようにし...
低域と曲の練習
今回もペダルトーンとリップスラー、曲の練習をしていきました。 ペダルトーンや速いリップスラーはとても難しいものですので、できるかどうかよりも特に吹き始めや演奏中の息の使い方にのみ注意しまし...
基本的な演奏法
今回は基本的な演奏方法を中心にしつつ、曲でも少し実践してみました。 呼吸法と重心、タンギングとリップスラーなど、基本的に必要な要素について説明させていただき、アドバイスさせていただきました。 ...
ペダルトーンとリップスラー
今回はペダルトーンを中心に、リップスラーやスラーと併せて練習していきました。 ペダルトーンは特に口などを緩めて出そうとすると高音にスラーで上がれないなどの弊害が出てきます。 そうならない演奏...
高音の練習
今回は低音から始まり、後半では高い音の練習をしていきました。 全体として唇が固くなると音が上手く出ない状態が続いていましたので、吸って吐くという基本的なことに集中してまずは1音目をしっかりと演...
リップスラー
今回はリップスラーを中心に練習しつつ、低音域なども併せて練習しました。 リップスラーでは、テンポ140ぐらいでも16分音符で動けるようになっていましたので、その状態を維持しつつ、ゆっくりで...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計658件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ