音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

楽譜の解釈
今回は主に、楽譜の解釈についてや実際に練習してみて演奏の問題点を挙げていきました。 メゾフォルテの捉え方、息の使い方、フレーズ毎に息を一本にする等のお話をさせて頂きました。 またリップス...
ソロ曲の選定
今回は主に今後練習していくソロ曲の選定をしました。 選んだ曲はなかなか大変な曲ですので、じっくりと時間をかけて練習していくようにしましょう。 奏法に関しては、力に頼らずに高音を演奏するよ...
曲のアーティキュレーション決め
今回は曲のアーティキュレーション決めを中心に進めました。 曲の残りのアーティキュレーションを決めて、楽譜に書き込んでいきました。次回以降はこれに沿って練習を進めましょう。 奏法に関しては...
リップスラーと曲練習
今回はリップスラーを中心に進め、曲の練習もしていきました。 速い動きのリップスラーで、息の流れの大切さと力まないで吹く大切さが少しつかめたと思います。 音域の広いリップスラーも同様で、高...
アーティキュレーション決め
今回は曲のアーティキュレーションを自分で考える事を中心に進めました。 原曲がある曲だと、ある程度は原曲に似せつつ、トランペットらしいアクセントなどアドバイスさせて頂きました。 演奏面では...
自己チェックすべき点
今回は主に個人練習の際にどういった点に注意して、自分でチェックしていくかの話を中心に、更に良い奏法を目指して練習しました。 特に楽器を出してすぐは、唇を開かないで楽器を当てる、鼻から息を吸う、...
持久力に関するアドバイス
今回は曲中における奏法の変化や持久力の問題解決に向けたアプローチをしていきました。 合奏で奏法が変化してしまうのは「音を確実に当てよう」という意識が強いから、という可能性があります。それ自...
曲を通しての基礎部分確認
今回は曲の中でも基礎が崩れないで演奏出来るように、曲で基礎の確認をしていきました。 難しいフレーズになると少しですが以前の奏法に近くなってしまう事がありましたので、必ず「唇を開かずに楽器を...
曲を通してコルネットなどの練習
今回はコルネットを中心に曲を練習しました。 全体的に息を楽器に押し込みがちに演奏していますので、大きい音量を出したいなどのときも力ではなく息を体の深い部分から一気に吐くように意識して吹くこ...
アンブシュアとブレスコントロールの練習
今回はアンブシュアのチェックとブレスコントロールの練習を中心に進めました。 アンブシュアでは息の角度に注意して、息をしっかり吐くことに集中すると良いでしょう。 ブレスコントロールは、息を...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計593件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ