音楽教室トランペット教室東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート

久保忠トランペット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

息の遣い方
今回は息の流れに重点を置きました。 特にピアノ、フォルテの時に息の遣い方に差異があると音程に影響が出たり、高温の時にマウスピースを押し付ける結果になってしまったりします。 この点については今...
検定の練習
今回は検定で演奏する予定の曲の練習と、呼吸についてチェックしていきました。 また、指の使い方などの話もしましたので、自分に合った指使いをしていきましょう。その上で速い動きに少しずつ慣れてい...
低音練習
今回も低音を中心に練習を進めていきました。 全体としては息がちゃんと流れて吹けていましたが、最低音からスタートした時に少しアンブシュアを緩めてしまいがちで、音程が安定しない部分がありました...
奏法の確認
今回は奏法の確認を中心に、アーバンと曲の練習をしていきました。 呼吸の部分に意識を向けて、息を吸う・吐く部分で特別なことをやらないようにしていくことで、リラックスして演奏できるようになり、...
息の重要性
今回は息の重要性についてを中心に、様々な練習をしていきました。 現状だとアンブシュアに気を取られて息がちゃんと吐けていない状態といえるので、しっかり吸って吐く、一定に吐くことを第一にして舌...
新曲練習
今回は新曲の練習をしていきました。 特に臨時記号が多い曲でしたので、奏法が不安定になりがちでした。 新しい曲を演奏するときでも、息はしっかりと吸って吐くように常に注意して、安定させましょ...
曲練習を通じた高音の出し方とリラックス
今回はオリンピックファンファーレの部分を中心に練習しました。 高音が多く大変な曲ですが、そういった曲でも大事なのが「余分な力を入れない事」です。 特に、高音を吹かなきゃと考えて唇の準備な...
低音練習
今回も引き続き低音の練習をしました。 リップスラーでも低い音になるにつれて、唇を緩めがちになっているので音程が曖昧になったり、奏法が乱れたりしていました。 高音と唇は変えず、口の中側の広...
「ちょうちょ」の練習
今回は「ちょうちょ」の曲をしっかりと練習していきました。 今回は特に、講師の演奏をよく聞いて、部分ごとに真似をするようにしてもらいましたが、しっかりと聞いた時はとても良い演奏ができていまし...
低音域の導入
今回は発表会の反省と、今後の方針を確認しつつ、低音域の練習をしていきました。 高音に関してはこれまでで大分しっかりと演奏できるようになってきましたので、低音域を安定させる事でさらに高音を楽...

久保忠トランペット教室のレッスンノート ・・・計630件

久保忠トランペット教室 ページ先頭へ