サイタ音楽教室トランペット教室 東京 立花あつひこトランペットスクール レッスンノート ペダルトーン

ペダルトーン

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れ様でした。
近況をお聞きして、新しく「基礎練習参考資料」を練習しました。
今回の楽譜はページ数もボリュウム有りますので、たっぷり練習出来ますね。

高音の音域が伸び悩んでいるとのお話でしたので、
あえて低音のペダルトーンを練習しました。
低音を十分響かせることにより、振動しやすい柔軟性ある唇にしていきましょう。
響きやすい唇は、高音も出しやすくなってきます。
その昔で言うと、「マジオシステム」という奏法がありました。
ペダルトーンを吹いてハイノートを鳴らしていくものです。
ぜひこの練習を試してみましょう❣️

ウイークデーの練習について、
マウスピースだけの練習でも良いですので、毎日吹いていただけると良いですね。
唇としてはbuzzingバジング出来るようにしていきたいですので、
「ハーフバジング」をお試しください。
マウスピースを唇につけて音を出します。
音を維持したまま、下唇をマウスピースから離して行きます。
上唇はつけたままで、響きを維持して吹いて下さい。
振動が止まることなく吹けるように慣れて来ましたら。
高い音で吹けるように練習して行って下さい。
唇の周りが疲れたりしますが、毎日少しの時間でも良いですので続けてみて下さい。
ハーフバジングに慣れてくると、唇だけでのバジングも鳴らせるようになると思います。

唇の振動しやすい状況、長い時間吹いても疲れないスタミナなどを養って行きましょう。

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

本日はお疲れ様でした。 オーディション曲の練習をしました。 ウォーミングアップ練習でコンディションを整えてからの曲練習が良いですね。 拍子が変化する個所より練習しました。 倍テンポの感じでしたが、良い感じになったと思います。 曲の構成が決まれば、あとは表現をつけて、ミストーンが無い方...

本日はお疲れ様でした。 基礎練習参考資料を練習しました。 ウオーミングアップ1、ペダルトーンは唇の柔軟性向上を目指して練習しましょう。 ウォーミングアップ2は、唇の調子が良くなりましたら高い音も吹きやすくなりますので、 音域の限界まで吹いていきましょう。 タンギングはスタッカートで確...

本日はお疲れ様でした。 マウスピース練習、基礎練習№9ロングトーンなど基礎練習と 楽譜を歌って譜読みの練習をしました。 高い音も「レ」「ミ」まで吹きました。 毎日の練習で一番高い音まで練習しましょう。 楽器のお手入れをしました。 今日はコルネットをご持参いただきました。 いつ...

本日はお疲れ様でした。 異名同音のページを練習しました。 少しずつ使い慣れて頂きたいと思います。 音名を歌いながらフィンガリングを確かめる事前練習が有効ですので、 唇を休めながらの練習にも良いですので、歌って譜読みを宜しくお願い致します。 次回は♭2個の変ロ長調の音階より練習したいと...

本日はお疲れ様でした。 2020年もどうぞ宜しくお願い致します。 オーディション曲を練習しました。 トリプルタンギングの部分が要注意ですね。 ♩=132〜168へとテンポアップしながら練習しました。 繰り返し練習でテンポ感やタンギングのタイミングなど慣れていきましょう。 最後ま...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta