サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 吹き始めの形

吹き始めの形

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は

・朝練トランペットの練習
・曲の練習

を進めました。
全てにおいて、楽器を当てたら小細工なしで息を吸って吐く、テンポに合わせて息を吐くように気をつける事で、今まで出づらかった高い音も出ていました。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・基礎の練習 ・曲の練習 を中心に進めました。 基礎では、マウスピースによる音程をスライドさせる練習などを取り入れていきましたが、結構難しかったと思います。 徐々に練習して滑らかに音が移り変われるようにしていきましょう。 曲は難しい曲ですので、焦らずゆっくりと、リズ...

今回は ・調子の確認 ・どこをチェックして調子を整えるか ・マウスピースや楽器での奏法確認の仕方 ・曲の練習 などを進めました。 調子が悪い時はどこにどういった力が入っているか、どこが変な動作をしているか、息がスムーズに流れているか、などのチェックをゆっくりすると、安定した...

今回は ・吹き始めの練習 ・音階練習 ・タンギング練習 ・曲の練習 を中心に進めました。 1音目をためらわず、息を吸うところからすぐに吹き始められると、その後のフレーズが楽になります。 タンギングをスムーズに行うためにも必要なポイントです。 結果として曲も良い演奏になっ...

今回は ・基礎奏法の練習 ・音階の練習 を進めました。 唇の裏側を使わない、息をしっかりと楽器の中に吐く、リラックスを意識するようにすると良い音に繋がります。 音階も、高い音ほど圧力の高い息を吐けるようにする事で、音が当たりやすくなります。

今回は ・基礎の練習 ・曲の練習 を進めました。基礎で行ったベンド練習やリップスラー練習は、唇の柔軟性を高めるためにも重要ですので、時間を見て練習してみましょう。 曲は、リズムを今日はしっかりと練習していきました。 難しいリズムですが、何度も練習して感覚をつかんでいきましょう...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta