サイタ音楽教室トランペット教室 北海道 ムック・トランペット塾 レッスンノート お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。

「昔取った杵柄」ですね。音の出るコツは覚えていたようですね。

・呼吸法
肋骨の周りの筋肉(肋間筋、背筋など)が肋骨を収縮させることで呼吸ができます。これらの筋肉が動いていることを意識してください。
常にチェストアップ(Chest Up)を心がけましょう。

・構え方
左手はしっかり楽器を保持するように握ります。右手のピストンを押す3本の指は、指の腹でピストンを押すようにします。指はまっすぐ伸ばすように。

・音を出す
マウスピースは、上2/3が上唇、下1/3が下唇に当たるようにします。左右のずれは気にしないでいいです。
唇は絶対に横に引かないで、自然な状態でマウスピースに当てます。
息を入れながら唇をゆっくり上下合わせるように閉じていく途中で、振動するポイントがあります。その振動するポイントを早く把握してください。

・舌
金管楽器は舌を上手に使えるかどうかが上達のポイントです。音程・音色・スタミナは舌がポイントです。
下顎の前歯の裏に舌先が常に触れていることを意識してください。

下の「ド」と「ソ」がしっかり出せるように練習してください。
注意点は、唇に力が入らないように。音色が固かったり、詰まった感じの音に聞こえたら唇に力が入っている目安です。舌のポジションを常に意識して、音が揺れないように一定のスピードで息を入れましょう。

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。 <ポイント> ・呼吸法 肋骨の周りの筋肉(肋間筋、背筋など)が肋骨を収縮させることで呼吸ができます。これらの筋肉が動いていることを意識してください。 ・音を出す マウスピースは、上2/3が上唇、下1/3が下唇に当たるようにします。左右のず...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 全体的には良くできていますが、もっと息をしっかり吐く事を意識してみましょう。 「唇」や「舌」「フィンガリング」を意識し過ぎて、息を楽器に送り込む事が疎かになっている気がします。 息がしっかり楽器に入っていけば、もっと楽にエクササイズが出来ると思います...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 いい音出ていましたが、途中練習不足かなと思える所もありましたね。 練習できていれば問題なく出来ると思います。 次回までしっかり準備してください。 曲は次回で仕上げます。やりたい新曲も決めましょう。 Thank you for your...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 やはり練習不足でしたね。でも音はしっかり出ていたので、心配していません。 新しいexerciseも出ましたので、次回までしっかり練習して下さいね。 夏休みの旅行は楽しんで来て下さい。 Thank you for your lesson to...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 <今日のポイント> ・唇の周囲の筋肉(口輪筋?)に力を入れる癖が出た様ですね。そのため、舌が動きにくい状態の様です。ド(ta)⇔︎レ(i)で舌の動きを確認しましょう。 ・タンギングはチロルチョコがベルトコンベアーで流れてくる様なイメージです。音の...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta