サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート ペダルトーンとリップスラー

ペダルトーンとリップスラー

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はペダルトーンを中心に、リップスラーやスラーと併せて練習していきました。
ペダルトーンは特に口などを緩めて出そうとすると高音にスラーで上がれないなどの弊害が出てきます。
そうならない演奏方法を模索することで段々と感覚がつかめて上手くペダルトーンの音域が出やすくなってきます。
その音域からスラーで滑らかに行けるようになることで、高音域も楽になってきますので、毎日練習してみましょう。
最後に曲の一部分を練習してみましたが、以前より高音に上がりやすくなっていたので、その調子で練習していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・音階(ド〜ソまで)の練習 ・長い音を吹く(ロングトーン)練習 をしました。 長い音は30秒あたりまで伸ばせていてとてもすごいです! 今後もロングトーンと音階練習は進みたいと思いますので、練習していきましょう。

今回は ・楽器の持ち方、オイルやグリスについて ・ピストンの押し方についてと練習 ・音出し~音階練習(ド~ソ) ・同じ指での音の吹き分け を進めました。 演奏の動作は同時にいくつもの動きをしないで、唇を整える・楽器を構える・息を吸う・吐く、と一つずつ行うようにすると、余分な...

今回は ・ペダルトーンからハイトーンまでのスラー ・曲練習 を進めました。 ペダルトーン練習は今後も取り入れていきたいと思いますので、たまにでも練習してみましょう。 練習するときはチューナーを見ながら、音程が合うように、唇で緩めないように気をつけましょう。 曲練習では、ファ...

今回は ・リップスラーの練習 ・フィンガリング練習 を中心に進めました。 リップスラーはよく動けていましたので、ちょっとずつでも慣らしながら練習してみましょう。 指の練習については、特に薬指の動きが遅く、中間音が入りがちですので、素早く動くよう意識して練習しましょう。

今回は ・楽器の構え方 ・楽器の吹き方 ・唇、息、舌の使い方のバランス のお話をさせていただきました。 焦らずに気楽な気持ちで練習していきましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta