サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート ペダルトーンとリップスラー

ペダルトーンとリップスラー

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はペダルトーンを中心に、リップスラーやスラーと併せて練習していきました。
ペダルトーンは特に口などを緩めて出そうとすると高音にスラーで上がれないなどの弊害が出てきます。
そうならない演奏方法を模索することで段々と感覚がつかめて上手くペダルトーンの音域が出やすくなってきます。
その音域からスラーで滑らかに行けるようになることで、高音域も楽になってきますので、毎日練習してみましょう。
最後に曲の一部分を練習してみましたが、以前より高音に上がりやすくなっていたので、その調子で練習していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・音階練習 ・リップスラー練習 を中心に進めました。 ドからレへの音移動はスムーズになり、音階についてもスムーズさが大分ついてきました。 リップスラーでも低音の腹筋の使い方や息の通り方を確認して練習していきましょう。

今回は ・テンポをゆっくり目にした状態で曲の練習 を中心に進めました。 ゆっくりのテンポで確実に演奏することで、細かい部分まで気を付けることができます。その状態を維持して少しずつテンポアップをしていければ、運指や音そのものについても良い状態へ近づいていきます。

今回は ・楽器の基本的な吹き方 ・リラックスした演奏方法 ・音階練習とリップスラー練習 を中心に進めました。 息はため息をつくように楽に楽器に入れるようにすると良い音が出ていました。 また、息を吸ったら止めずに吐く、また吸う時は止まらないようにすると良いです。

今回は ・1音目の吹き方の確認 ・そこからのリップスラーや音階の練習 ・ドからレへの移り変わり練習 をしていきました。 ドからレに変わる時、管長が大きく変わるため、上手く音にならなかったり、力が入りやすくなりがちです。 落ち着いて息の流れに注意しながら練習していきましょう。

今回は ・特に一音目のブレスから音を出すところまでのリラックス ・曲中のリラックスについて ・高音の強弱練習 を進めました。 高音で強弱をつけることは、唇やその周辺に余分な力が多くかかっているとやりづらく、強弱の幅も狭くなりがちです。 この点をチェックして「いかに力をかけな...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta