音楽教室トランペット教室レッスンノート アンブシュアと口内環境

アンブシュアと口内環境

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした♪
下唇の支えはピッチや音を安定させるために必要不可欠ですが、前にですぎていると音域によっては上唇の振動を邪魔することがあります。
そうならないように下唇をやや横にひくと今までより低音から高音までスラーで綺麗につながると思います。
口内環境についてはマネするものではなくエチュードで感覚をつかむものです。
リップベンドの練習をおすすめします。きっとすぐ口まわりの筋肉が疲れることでしょう♪
休憩しながら常にベストの状態でやって下さい♪

タンギングに関しては発音のイメージ、音域にあわせた下の動かしかた、口内環境かということが重要です。
下で息の通り道を塞ぐのではなく常に息が流れている状態に舌を添えるといった感じです。
アーバンのタンギングエチュードをおすすめします。


気になっていたアンブシュアは合っていると思いますので今後は繊細なフレーズが吹けるようにそれにあった練習をしていくことが大事だと思います。
お疲れ様でした♪
このレッスンノートを書いたコーチ

ヤマハ主催の全国大会グランプリ!魅力満載の楽器を一度体感してください!

とにかく楽しい 魅惑のトランペット教室
佐藤樹宏 (トランペット)

東京・新橋・品川・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・池袋・大塚・...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta