サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 今日はレッスンお疲れ様でした!...

今日はレッスンお疲れ様でした!...

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はレッスンお疲れ様でした!

今日は久しぶりのレッスンでしたが、前回よりも口の形がしっかりしていたと思います。
高い音の演奏になるとまだ体が固くなってしまっていたので、その部分を中心に直しながら曲の練習をしていきました。
音の高さがかわってもお腹周りの力を使って吹き続けるのがとても大事で、高い音になったからといってそれが変わらないように気をつけていきましょう。
歌に関してもしっかりと音程を取れて音名でも歌えていますので、トランペットと同じポイントでお腹を使って歌えるようにすると、演奏にもしっかりといい結果が残りますので、がんばってこちらも練習してみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・吹き初めの練習 ・リップスラー練習 を中心に進めました。 吹き始める際に、息がのどで詰まってしまいがちですので、舌根付近はリラックスを心がけて練習しましょう。 普段しゃべっているように、スムーズな演奏を意識して練習することが大事です。 息を吸う・吐くがそれとはかけ...

今回は ・リップスラー練習 ・曲の練習 を中心に進めました。 リップスラーはゆっくりとでも良いので、全部の音が均一になるように注意して練習すると、徐々に安定度が増していきますので、あせらずに練習しましょう。 曲では、先の高い音を考えすぎて出だしが硬くならないように。まずは一音...

今回は ・基礎奏法の確認 ・アンブシュア、顎の使い方の確認 を中心に進めました。 唇に頼った演奏ではなく、息や顎、舌などの使い方のバランスが大事です。唇の力に頼り過ぎないように調整していきましょう。

今回は ・コンクールに向けた曲の練習 を進めました。 全体の仕上がりはとても良くなっているので、細かい部分(ちょっとした強弱や音程、音の粒立ちの揃えなど)をより注意して演奏するととてもよい演奏になります。

今回は ・基礎部分の強化 ・マウスピース練習 を進めました。 息を吸ってから吐くまでが特に繋がりを滑らかにする事で、吹き始めの力みやバランスの崩れを減らすことができます。

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta