サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 今日はレッスンお疲れ様でした!...

今日はレッスンお疲れ様でした!...

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はレッスンお疲れ様でした!

今日は久しぶりのレッスンでしたが、前回よりも口の形がしっかりしていたと思います。
高い音の演奏になるとまだ体が固くなってしまっていたので、その部分を中心に直しながら曲の練習をしていきました。
音の高さがかわってもお腹周りの力を使って吹き続けるのがとても大事で、高い音になったからといってそれが変わらないように気をつけていきましょう。
歌に関してもしっかりと音程を取れて音名でも歌えていますので、トランペットと同じポイントでお腹を使って歌えるようにすると、演奏にもしっかりといい結果が残りますので、がんばってこちらも練習してみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・「朝練トランペット」を通しての基礎練習 を進めました。 テンポをメトロノームで出しながら練習すること、自分のタイミングにならないようにする事で、息が少しずつスムーズになってきましたので、その調子で進めていきましょう。

今回は ・息の流れとアンブシュアについて を中心にお話ししました。 演奏に慣れない内は唇の状態で感覚が大きくズレるかと思いますが、そのズレに惑わされずに演奏するように意識することが大事です。 うまくいかない時はいっそ諦めて休憩を長くとったりする事も大切です。

今回は ・バズィングによるグリッサンド練習 ・リップスラー練習 ・曲の練習 を進めました。 特にバズィング練習のグリッサンドは、途切れないように吹けることが大切です。途中で途切れたりする場合は、唇などに力が入っていることが多いので、そうなった時は一度リラックスして吹き方を見直...

今回は ・楽に演奏する為に必要なリラックスの話 ・音を出さない練習 ・曲の練習 を進めました。 今後もいかに楽に演奏できるかは余分な力を抜いて、スムーズに楽器に息を入れられるかどうかです。 無理なく吹けるようにしていきましょう。 低音はやや力が抜けてきて良い音になってきま...

今回のレッスンでは ・持ち方や構えなど基本的な演奏に関する練習 ・ド〜ソあたりまでの音階練習 を中心に進めました。 体や息の使い方など、少しずつ覚えながら練習していきましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta