サイタ音楽教室トランペット教室北海道 篠原トランペット教室 スクールブログ 高校時代

高校時代

小学校、中学校とピアノやトランペットをやってきて、高校で音楽が選択科目となるということで、とても悩みました。

というのも、美術も捨てがたい科目だったからです。

どっちもやりたい!と欲張りな私は、悩んだあげく、部活動を吹奏楽局に。
選択科目を美術にという決断を出しました。

でも、未だに少し後悔しております。苦笑

しかし、吹奏楽局もとても活気がありました。
先輩方がとても熱心だったのです。
トランペットに先輩二人がおられたのですが、とても個性的なお二人で、廊下の隅っこの方で三人でいつもパート練習を楽しくやっておりました。

高校一年のときのコンクールでは金賞だったものの、全道大会へはいけず、悔しい思いをしましたが、二年になって、先輩方がにとっては最後の夏。
これはもう、何がなんでも全道大会!という気合いたっぷりのなか、函館の地区予選にて、見事全道大会のキップをてに入れました。四小節くらいでしょうか、私もソロで吹かせていただいたのを覚えております。

全道大会は、札幌のキタラ。
キタラの舞台に立てるなんて思ってもいなかったけど、先輩方は、ほんとうに喜んでおりました。
大会でも、見事金賞受賞。
みんな泣いていましたね。
わたしは、遠征旅行の夜なども楽しかったこと覚えております。

高校3年になって先輩方ががいなくなり、入部する生徒集めに失敗し、かなりの少人数になってしまいました。わたしは、局長としてやっておりましたが、なかなか大変でしたね。
なかなか、出てこない後輩などもいて、うーん、大変でした。
コンクールも一応出たのですが、銀賞だったとおもいます。

団体のコンクールと別に私はソロコンクールへ出場することとなりました。
何人かの先生に個人的にレッスンしていただいて、とても成長できたとおもいます。
ソロコンクール当日、それなりに緊張はしておりましたが、伸び伸びと演奏することができました。
大きな賞は取ることはできませんでしたが、ブレスの大切さ、ロングトーンの大切さなどここでは書ききれないほどの事を学ぶことができましたよ。

呼吸がとても大切です。

高校時代で学んだことは、毎日の積み重ねの大切さです。出したい音域が高音であれば、高音のロングトーンを練習する。今やっている曲の音階のロングトーンをすること。タンギング練習。スラーの練習。

コツコツやればやるほど成果は必ずでてきます。

いつもいい音色かな?どうかな?と自分の音を聞くいい耳をもつこと。誰でもできることです。

ロングトーンをマスターすると、アンブシュアを整えるための顔の筋肉も自然とついてきます。

社会人になるとなかなか練習できなくなるというのがネックになりましたね。

高校の頃は、1日吹かないと、3日吹かないのと同じ状態になってしまうと言われていたので、365日吹いておりました。有り難いことに健康にも恵まれていたのです。

次回は中学のときの思い出を書くかもしれません。
お楽しみに(’-’*)♪

 

(2018年6月8日(金) 16:10)

前の記事

この記事を書いたコーチ

教員免許を持つコーチが、ジャンルを問わず、好きな曲が演奏できるよう応援

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着記事

小学校、中学校とピアノやトランペットをやってきて、高校で音楽が選択科目となるということで、とても悩みました。 というのも、美術も捨てがたい科目だったからです。 どっちもやりたい!と欲張りな私は、悩んだあげく、部活動を吹奏楽局に。 選択科目を美術にという決断を出しました。 で...

こんにちは。篠原瑞穂です。 今日の北海道は蒸し暑いです。 わたしは、現在の北翔大学にあたる、当時北海道浅井学園にてトランペットを専攻しておりました。 大学一年から二年にかけて、吹奏楽団に入って定期演奏会や、コンクールに出場したり高校の延長のような形でトランペットを吹いておりました...

はじめまして、篠原瑞穂です。 色々な方がレッスンを受けたいと思っているかと思います。 どんな方に共通するところは、やはり、今よりも上手くなりたい、今よりもこの曲が演奏できるようになりたい。 それぞれの今があるかと思います。 わたしも、同じく今はボイストレーニングに通おうかなと考...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、トランペットレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ