サイタ音楽教室トランペット教室北海道 トランペット教室 スクールブログ アンブシュア

アンブシュア

いろんな学校に指導にいくと、アンブシュアの事ばっかり考えて、まったく楽器に息が入っていないという方がいます。

アンブシュアがちゃんとしているからいい音が鳴る

というよりは 

いい音が出せれば、それがいいアンブシュア
というイメージです。



簡単な話をすると

1楽器に息を入れる 
2唇が振動する 
3音が鳴る

口で言えば簡単ですが、これが難しいんですよね笑


第1に楽器にしっかり息が入っているかどうか。
アンブシュア(口先)ばっかり気にして、吹こうとすると楽器に息が入らなくなり逆効果だと思います。

たくさん息を吸って たくさん楽器に息を入れてあげましょう!!
慣れてきたらほんの少しの息でも音がなってきますよー。 

おなかすきました。
今日はおでんだぁぁぁああああ!!!  








 

(2015年11月16日(月) 19:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ソロコン全道大会で金賞!初心者、正しい奏法を身につけたい方、大歓迎

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着記事

いろんな学校に指導にいくと、アンブシュアの事ばっかり考えて、まったく楽器に息が入っていないという方がいます。 アンブシュアがちゃんとしているからいい音が鳴る というよりは  いい音が出せれば、それがいいアンブシュア というイメージです。 簡単な話をすると ...

自分は音出しにかなり時間がかかります。 うーん30分は欲しいです。 中には、すぐにパパッと吹けてしまう人もいます。 うらやま~笑 それがいいとか悪いとかはないと思いますが、音だしに時間がかかる人で困るのは、 やはり「いきなり合奏!!」 とかになると、ちょっとしんどいですね。...

すっかり寒くなってしまいました。 風邪ひきました笑 最近までは橋の下の響くところで練習していたのですが、もう無理です笑 さてさて、みなさん楽器ふいてますか? 調子はいかがでしょう。 初心者の方はマウスピースから吹けるようにした方がいいという方もいますが、自分はあんまりおす...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、トランペットレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ