全国5万人が受講している「サイタ」

トランペット教室・レッスン

トランペット教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トランペット教室静岡 まーにーのトランペット教室 スクールブログ 初心者は目標を...

初心者は目標を達成するな

初心者は目標を達成してはいけません。実力主義と言えば格好はいいですが、音楽は結果が全てではないはずです。

あなたがそもそも、音楽をやろうと思ったきっかけは何ですか?

「音楽が好きで、自分でも演奏してみたいと思ったから。」
「美しいものが好きだから。」
「楽器を通して、自己表現が出来るから。」

人によってそれぞれ理由や動機は違います。もしかしたら、何となく始めた人もいるかもしれません。しかし、英才教育でもない限り、結果を得たいから音楽を始めたという方はいないはずです。

中には音楽を始めた時の気持ちを忘れて、結果を追い求めるために音楽をしている人もいます。たしかに、目標を達成したり、課題をクリアしたり、何かの賞を貰ったりしたときの充実感や達成感は大きいものです。
でもそれよりも、音楽の楽しさや喜びに焦点を合わせた方が、あなたのやる気や熱意を高めることになります。


「でも、全く結果を求めないで上達できないでしょ?」

あなたもそう思いますか?
たしかに、楽しさや喜びだけで音楽をしていくのは大変です。演奏技術がなければそもそも演奏できないし、観客に感動を与えることも出来ない。
でも僕はここではっきりと言っておきたいと思います。楽しさや喜びを感じながら、結果を求めずに上達していって、感動を与える演奏をすることはできます。
無理矢理でなければ感動を与えられない音楽は、観客にとって求められていない証拠です。そして結果がなければ楽しめないのだとすれば、その音楽自体はあなたが求めていない証拠です。

もしあなたが楽しさや喜びの動機で音楽をすることが無理だと思うなら、音楽から得られる楽しさの大半が無くなってしまうことでしょう。

これはただのモチベーションを上げるためだけに言うことではありませんが、
結果よりも、プロセスを大切にするべきです。

そもそも結果とは、とても不確定なものです。
なぜなら、結果というものは人が決めるものだからです。
練習でどれほど吹けるようになったかは自分で感じるものですが、その水準も人によって様々です。
さらに演奏でどれほど評価されるかは聴いている観客によって、その水準も様々です。自分以上に結果は不確定なものと言えます。
自分がどんなに満足した演奏でも、観客からは全く評価されないという場合もあります。


演奏者はある時期になると必ず「伸び悩み」という時期を経験します。おそらく何度も経験します。
※専門用語では「プラトー(高野)」の時期と言います。
その時期に結果、つまりどれほど上達しているかを動機としていると、必ずやる気が無くなります。そして、あきらめてしまうのです。
楽器を練習する動機が結果ではなくプロセス、つまり音楽自体の楽しさや喜びを感じ続けることができれば、その伸び悩みの時期を通過することができます。



今回の内容は、目標を立てることが悪いという意味の内容ではありません。
目標を立てるよりも大切なことを取り上げました。

あなたはなぜ音楽をしたいと思ったのでしょうか?
あなたはなぜ音楽をしているのでしょうか?

その動機もう一度よく考えて、決して忘れないようにしましょう。

 

(2015年5月22日(金) 1:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

”練習の技術”を活かして的確なアドバイス!熱意を持って指導します

ブログ記事 ページ先頭へ