全国5万人が受講している「サイタ」

トランペット教室・レッスン

トランペット教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トランペット教室静岡 まーにーのトランペット教室 スクールブログ 初心者は教則本...

初心者は教則本を使うな

楽器屋さんに行くと、初心者向けの教本や教則本は本当に沢山あります。

でも、僕は教則本を使わないことをおすすめします。
とても上手になって、誰にも教えてもらわなくていいくらいになれれば理想ですが、そんなことを言うつもりはありません。
誰にも教えてもらわなくてもいいくらいに吹けるなら、そもそもこんなブログは見ないですよね。


上手く吹けない人ほど、教則本を使ってはいけません。


教則本を使わない理由についてお話しする前に、先回のブログ内容を少し振り返ってみましょう。
「初心者は本気で吹くな」という題で、自分の演奏にいっぱいいっぱいになってしまってはいけないというお話をしました。
その理由は、それを聴いているお客さんが楽しめない、(自分も楽しめない、)そして、演奏の質が下がってしまうという内容でした。

そして、これは練習時にも当てはまるという事もお伝えしました。
そこを少し掘り下げてみたいと思います。

練習で本気になる、つまり自分の演奏にいっぱいいっぱいになってしまうとはどんな状態でしょうか?
次のような場面です。

「よーし、次はこの練習曲を吹くぞー!♯が沢山あるから運指を間違えないのようにしないと。テンポも少し速くて難しいなぁ、でも頑張って吹かないと。スラーで書いてあるから途中で息継ぎはしちゃだめなのかぁ。ところでこれ、何のための練習なんだろう…。いや、とにかくちゃんと吹けるようにならないと!よし、何度も繰り返すぞ!」


さて、こういった練習に意味はあるでしょうか。
少なくても練習にはなります。でも、どんどん上達していく練習にはなりません。
「初心者は疲れる練習をするな」の記事でもお伝えしたように、質の高い練習にするためには目的を明確にしてそれに集中することが必要です。


目的を明確にするためには、まず練習の意味を把握しなければいけません。
「練習の意味」とは、その練習内容のことではありません。

例えば、「音階練習」とは練習内容のことで、練習の意味ではありません。
それをウォーミングアップとして行う、音程改善のために行う、音域を広げるために行う等…。こういったことが練習の意味ということです。

それぞれの練習の意味には、集中すべき所も変わってきます。

集中すべき所が定まったら、そこに集中できるように練習をしなければなりません。

練習内容自体が「難しい」と感じているならば、集中すべき所に集中できない場合があります。


僕は初心者の時に、上達するためには難しい練習をしなければいけないと勘違いをしていました。
演奏技術(テクニック)を上げるという意味では、難しい練習は必要です。
でも、そのような練習だけ行っていても、様々な面での上達は出来ません。

集中すべき内容によっては、むしろ「簡単だ」と感じるほどの内容で行なった方が上達できる場合が多くあります。



練習の意味を把握し、そのために集中すべき所を定める。
そして、そこに集中できるような練習内容を行う。
集中すべき事は、なかなか初心者の方には分かりません。ですから、そのためにレッスンを受けたり、演奏理論を学ぶということです。
これを理解していなければ、いくら演奏理論を知っていても意味がありません。


上手く吹けない人ほど、簡単な内容で練習する必要があります。

これも、理解しているかどうかで、上達のスピードは格段に変わってきます。




それから、今回の内容にはこんな良い点もあります。
大抵の場合、「難しい」と感じる練習を繰り返し、さらにそれがあまり成果をあげないなら、段々と練習が退屈になってきます。
しかし、難しいと感じる事なく、上達していくことがはっきり理解できれば、嫌になることなく練習していくことが出来ます。

理想のトランペット吹きになるのは、とても長い道です。
ガンガン飛ばしていくのではなく、無理なく一歩一歩進んでいきましょう。、

 

(2015年4月20日(月) 21:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

”練習の技術”を活かして的確なアドバイス!熱意を持って指導します

ブログ記事 ページ先頭へ