サイタ音楽教室トランペット教室東京 BENZOトランペット講座 スクールブログ 材料費406円...

材料費406円(税込)で作るトランペット

トランペットは、その昔、ただ管を巻いただけの簡素なものでした。
ナチュラルトランペットという、
いまのトランペットの原型となった楽器です。

いまのトランペットには3つボタンがついていて
それをピストンと言いますが、
ピストンを押して音を変えるという仕掛けは
かなり後の時代になって開発されたものです。

ということは、何か適当な管さえあれば
ナチュラルトランペットなら作れちゃうんですよ。

406円(税込)で。

ではやってみましょう。

【材料】
1.塩ビチューブ(内径10ミリのもの)…288円
2.じょうご…118円
3.マウスピース

3以外は全部東急ハンズで揃います。
この値段は東急ハンズで僕が実際に買った価格です。

【作り方】
塩ビチューブを適当な長さに切って、
先にじょうごを取り付けて、
もう片方の先にマウスピースを取り付ける。


これだけ。

はい。できた(写真参照)。

笑うなかれ。本当に音出ます。

実際はこれが金属の管で出来ていたり
管の太さも途中で変わったりとかしますが
基本的な原型はこういうものでした。

これ、どんな音するの??
と思ったアナタ。
僕のレッスンにお越しください。
コレの現物をお見せします。
実際に演奏してみますよー。

材料費406円(税込)で作るトランペット

(2014年6月6日(金) 22:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小澤征爾音楽塾に参加も。オリジナル練習法で初心者でもしっかり上達

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着記事

お恥ずかしながら、 虫歯が一本結構進行していたらしく 歯医者さんでの治療が長引いています。 トランペットを吹くのに 歯ってすごく大事です。 トランペットを吹いているときの 微妙な口の形には 歯という要素もものすごく関係しているから です。 虫歯ができてしまった僕が言う...

トランペットは、その昔、ただ管を巻いただけの簡素なものでした。 ナチュラルトランペットという、 いまのトランペットの原型となった楽器です。 いまのトランペットには3つボタンがついていて それをピストンと言いますが、 ピストンを押して音を変えるという仕掛けは かなり後の時代になっ...

100円ショップってめっちゃくちゃ楽しいですよね。 こんなものが100円で売ってるの!?っていう驚きだったり、 単純に様々な物が一箇所に売られているので、 何があるか、何か面白いものが無いか、 探してみるのも楽しい空間ですが、 僕は、100均にいるとき 「コレ何かレッスンで使え...

今日は、吉祥寺でライブに出演していました! 歌の後ろで吹いている ホーンセクションをやっていました。 歌に入るホーンセクションというのは、 歌の合間をぬって合いの手的なフレーズを 吹いたりするのですが、 それがあるだけでサウンドが断然豪華になります。 そんなフレーズを ...

僕自身もより良いものになるように 常に奏法その他を見直しているのですが、 最近、トランペットの持ち方を変えたところ 俄然調子がよくなりました! 口のことや息のことに比べて 楽器の持ち方って 些細なことのように思いがちですが、 持ち方でもこんなに変わるんだと 自分でも驚いてい...

ブログ記事 ページ先頭へ