全国5万人が受講している「サイタ」

トランペット教室・レッスン

トランペット教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トランペット教室茨城 ATトランペットスクール スクールブログ アンブシュアに...

アンブシュアについて

こんにちは。
今日はアンブシュアについて簡単にお話しようと思います。

アンブシュアと一口にいっても、その人に合った形があると以前ブログに書きました。
また、マウスピースのあてる位置についてもよく議論があがるところです。

このへんのことに関しては、諸説あるということで、特に否定はしませんが、
僕が思うアンブシュアについて少し説明したいと思います。

まず、マウスピースの位置について。
上下左右ありますが、左右に関しては、人それぞれの骨格、歯並び等あるので、必ずしも真ん中である必要はありません。
というか、幾何学的に完璧な左右対称の顔を持つ人自体がいませんから(いたとしても稀)、
どんなに頑張っても顔に直角にあてることは(厳密には)できません。
僕自身も、前歯二枚が少しずれて生えてるので、真っ直ぐに当てていません。
要は、いい音がするポイントを探してください。

そして上下についてですが、これは大事です。
正しく当てないと息が真っ直ぐに入らないので、そこは注意が必要です。
上すぎてもよくないし、下すぎてもうまくありません。
また角度ですが、唇のかみ合わせによるので、これもまた一概には言えません。

さて、アンブシュアがうまくいってない人の多くは、なにが原因なのでしょう。
僕が思うに、2つあると思います。
1.初心者の頃に指導されておらず、自己流で吹いていた。

2.楽器の種類を変えた。

1については、指導されなくてもいいアンブシュアの人がいっぱいいるので、
そんなに多くないと思います。

2については、潜在的にかなり多くいるとおもわれます。
特に、金管低音を最初吹いていて、いきなりトランペットやホルンに変わった人は、
結構な確率でアンブシュアはうまくいってないでしょう。
僕もこれでした。

アンブシュアに疑問を感じたら、周りを見てみるのもいいと思います。
できたらアンブシュアを直せる先生にレッスンを受けてみてはいかがでしょう?

では、しーゆーあげーん!

 

(2013年12月17日(火) 13:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

指揮や編曲にも習熟。クラシック、吹奏楽~ポップスに挑戦したい方まで

ATトランペットスクール
利根川朗 (トランペット)

牛久・荒川沖・土浦・石岡・友部・水戸・日暮里・南流山・新松戸・古河・北千住・綾瀬・金...

ブログ記事 ページ先頭へ