全国5万人が受講している「サイタ」

トランペット教室・レッスン

トランペット教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トランペット教室北海道 ムック・トランペット塾 スクールブログ 大切なこと

大切なこと

最近学生や社会人の吹奏楽演奏会を、幾つか観る機会がありました。
特に学生バンドのテクニックの素晴らしさは、私の学生時代とは比べ物になりませんね。
でも・・・、感じることは「良いサウンド」がしていない。曲はまとまっているんだけど、出てくる音が物足りないのです。
トランペットだけでなく、全ての楽器が本来の「鳴り」をしていないような感じがします。
ここで、質問です。
プロ・アマ問わず、管楽器・ピアノやギター・打楽器など「楽器」を演奏する事で一番大事なこと(追求しなくてはならない事)は何でしょう?

答えは「いい音(Good Sound)」を出すことです。様々なテクニックがあることに越したことはありませんが、演奏家が勝負する所は「いい音(Good Sound)」を出すことなんです。

では、「いい音(Good Sound)」を出すには何が必要なのでしょう?
・良い楽器? そうですね。ちゃんと調整された楽器は必要です。
・腹筋運動? 健康維持には有効だけど、トランペットを吹くのに腹筋は関係ありません。
・唇の筋力アップ? 唇の周りの筋肉は鍛えても、効果的に強化出来ません。
・肺を鍛えて肺活量アップ? 肺の大きさは生涯変わりません。
・横隔膜を鍛える? 横隔膜は「膜」です。鍛えることはできません。

では、どうすれば良いのでしょう。
それは、私のレッスンに答えがあります。
是非、体験レッスンを受けてみませんか?
申し込み、お待ちしてます。

 

(2013年5月13日(月) 16:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの綾戸智絵とも共演!音の正しい出し方から、じっくり安心のレッスン

ムック・トランペット塾
村上陽 (トランペット)

札幌・苗穂・白石・大麻・野幌・岩見沢・北広島・平和・あいの里教育大・西28丁目・菊水...

ブログ記事 ページ先頭へ