サイタ音楽教室トロンボーン教室東京 とろんぼーん教室そら スクールブログ アーティキュレ...

アーティキュレーションについて vol.1

みなさまお久しぶりです。
暑くなってきましたが、体調を崩したりしていないでしょうか??

さてさて、このブログですが
これからトロンボーンをはじめる方へも
もう何年もトロンボーンを楽しんでいる方へも
何かこれからの演奏の役に立つ内容にしたいなぁ。。。と考えて早数ヶ月。
やっと、テーマを決めることができました♪

これからしばらくは
アーティキュレーションについてブログを更新していきたいと思います。

なかなか定期的に更新するのが苦手なのですが、
気長に読んでいただますと幸いです^^

ということでvol.1は入門編。
『楽譜に出てくるアーティキュレーション記号について』

トロンボーンに限らず、楽譜を読んでいて目にするアーティキュレーションの記号には
どの様なものがあるでしょうか??
今回は、よく出てくる記号の基本的な意味を説明しようと思います。

*スタッカート ・
音符の上や下にある・は、スタッカートです。
こちらは見たまんま、音符を短く切ることを表します。

*テヌート -
音符の上や下にある - は、テヌートと言います。
こちらも見た目のまんま、音符の長さ分保ちましょうという意味です。

*アクセント >
音符の上や下に > があると、アクセントをつけるという意味になります。
^や、sf、rfz等同じアクセントでも色々な記号があります。

*スラー
パソコンで記号が出せませんでした。。。
)を90°回転させた記号です。
レガート、タイ等も基本的には同じ記号を使います。
音をつなげてなめらかに演奏しましょう、という意味です。
タイは、同音のスラーなので、間で切らずに2つの音を合わせた長さを演奏します。

よく出てくる記号はこのくらいでしょうか。
応用編として、テヌートとスタッカートを同時になど、組み合わせて使ったりもします。
もちろん何もついていない音も出てきます。

では、例えば楽譜にスタッカートが書いてあったら
どの位音を短く切ったら良いのでしょうか??



ということで、今回はここまで。
次回vol.2はスタッカートについてもう少し掘り下げていけたら。。。と思っています。

 

(2015年6月1日(月) 11:32)

前の記事

次の記事

目的・種類別にトロンボーン教室・レッスンを探す

新着記事

みなさまこんばんは♪ 最近は全国各地で雪が降ったりしているようですが、みなさまカゼなどひいていませんでしょうか? さて、2月のレッスン開講日時を更新致しました。 詳細はスクールページをご確認下さい。 時間は随時更新していきますので、体験レッスンをお考えの方はお申し込み前にご確認下さ...

あけましておめでとうございます!! 長らくブログを書けずに申し訳ありません>< さて、取り急ぎ1月のレッスンにつきましてお知らせ致します。 レッスン可能な日時をスクールページに更新致しましたので、体験レッスンをご希望の方はぜひそちらをご確認の上お申し込み下さい♪ ※今月は後半に...

シリーズ化したブログが早速止まってしまっていてすみません。。。 落ち着いたらまた再開します!! さてさて、そろそろ夏休みの方も多いでしょうか?? 吹奏楽コンクールももうすぐですよね? 直近の体験レッスン可能な日程をお知らせ致します。 8月1週目までは多忙なため、通常開校してい...

梅雨入りしたということで 東京はじめじめしたお天気の日が増えてきましたね そんな中、今日はお天気が良くってとても嬉しいです♪ さてさて、お待たせ致しました前回から書きはじめた『アーティキュレーションについて』 早速更新の間が空いてしまいましたが、vol.2は スタッカートにつ...

みなさまお久しぶりです。 暑くなってきましたが、体調を崩したりしていないでしょうか?? さてさて、このブログですが これからトロンボーンをはじめる方へも もう何年もトロンボーンを楽しんでいる方へも 何かこれからの演奏の役に立つ内容にしたいなぁ。。。と考えて早数ヶ月。 やっと、テ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、トロンボーンレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ