全国5万人が受講している「サイタ」

トロンボーン教室・レッスン

トロンボーン教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トロンボーン教室東京 大岩和貴のジャズトロンボーン教室 スクールブログ 音の出し方

音の出し方

こんにちは、おおいわです。

今日はトロンボーンの音の出し方について書きたいと思います!
トロンボーンを含めた金管楽器は唇を振動させることによって音が出ます。

えっ?そんなこともう知ってるって?
まぁまぁ、そんなこと言わないでちょっと聞いてくだされ

初めての方はなかなか音を出すのもコツがわかりませんよね

唇を閉じて勢いよく息を吐くとブルルル・・・ってなりますよね
そのまま唇の真ん中に集中させるようにしていくとハチが飛ぶようなブーーって音が鳴りませんか?(この時口は「プ」の形)

これができたらもうトロンボーンで音がでますよ!

さぁ、音が出たら何の曲を吹くかはあなた次第。
選択肢が広がりますね!

吹きたい曲をレッスンで一緒に練習しましょう(^^)


私の知り合いのトロンボーン奏者の中には楽器の抵抗を利用して息の力だけで音を出すという理論を持った人もいます。
これもすごーく大事なことなのですがブレスコントロールにも関係してくるので詳しくはまた次回!

最後におすすめ動画
クラシックですごく好きなトロンボーン奏者Jorgen van Rijen(ユルゲン・ファン・ライエン)が吹いているトロンボーン協奏曲
Bert Appermont /colors for trombone


 

(2014年9月5日(金) 1:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

基礎~アドリブの仕方まで。ジャズを極めたい方には特におすすめ

大岩和貴のジャズトロンボーン教室
大岩和貴 (トロンボーン)

五反田・恵比寿・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・上野・御徒町・秋葉原・溝の...

ブログ記事 ページ先頭へ