全国5万人が受講している「サイタ」

トロンボーン教室・レッスン

トロンボーン教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室トロンボーン教室埼玉 トロンボーン教室 MOGI スクールブログ ハイトーンとロ...

ハイトーンとロートーンへのアプローチ

今日は音域の拡大のトレーニングの話をしましょう。

私はとある動画サイトにいくつか自分の演奏をアップしていますが、そのうちの一つに最近ハイトーンへの私のアプローチについての質問がありました。

私はこのように答えました。

1、息の通る穴を唇に確保するために唇を巻き込まないよう顎を下にキープする。
2、唇をマウスピースに押し付けない。
3、息で吹くようにする。

簡単に言うとこんな感じです。

言葉にするのは簡単ですが、行うには地道な努力が必要となります。
口周りの筋肉を鍛え、息の力を効率よく活用するにはロングトーン、特にクレシェンド、デクレシェンドを付けたロングトーンは有効です。いきなり高音域で行わずに自分の出しやすい中音域を中心に息をたっぷりと使ってしっかりと練習しましょう。

口のまわりの筋肉がしっかりしてくれば唇を押し付けなくとも演奏できるようになってきますのでスタミナの面も向上します。

そして低音域ですが、これに関しても上記の3つが大事です。中音域から少しずつ音域を広げていきましょう。

あわてずにゆっくりと練習することが結果的に近道となると思います。
けっして無理をしないようにペースを守りましょう。

 

(2014年7月23日(水) 0:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国際コンクール3位入賞!欧州の楽団で磨いた技を優しく丁寧に伝授します

トロンボーン教室 MOGI
茂木光伸 (トロンボーン)

南浦和・東浦和・赤羽・浦和・大宮・北浦和・蕨

ブログ記事 ページ先頭へ