全国7万人が受講している「サイタ」

トロンボーン教室・レッスンを個人レッスンで探す

トロンボーン教室・レッスンを選ぶ

トロンボーン初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

トロンボーンの練習でいつも頭を悩ませるのが、音域と音程です。でも、考えすぎずに肩の力を抜いてリラックスして吹くことも大事。コーチが教えてくれる正しい練習法を通じて、自信を持って音を出せるようにしていきましょう。自分のスケジュールに合わせてまなべるので、部活動で練習している学生の方も、これからはじめる社会人の方も、ピッタリなレッスンです。

サイタ音楽教室トロンボーン教室

ほかの条件でトロンボーン教室・レッスンを探す

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,300円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオまたはドリンク代を含むカラオケボックス使用料(1,000~2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

トロンボーン教室の無料体験レッスンについて

サイタのトロンボーン教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしトロンボーン教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

トロンボーン教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
機材の説明やレッスンの説明
14:15
基礎的なテクニック調整
14:20
実際にトロンボーンを実践してみる
14:55
今後のスケジュールを相談

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

トロンボーン教室・レッスンの人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられるトロンボーン教室・レッスンの講師一覧です。

約19時間前更新

トロンボーン教室 体験レッスンの感想コメント

トロンボーン教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

7月15日(月) 20:42 更新

30代

全文を読む

シャイで人見知りな娘に対して「まずは私が吹くから見ていて」と優しくフォローしてくれました。 娘もやる気を出して続ける気になりました。 雨の中、トロンボーンを2つ担いで早くから待ってていただき本当に良い先生で良かったです。 家族全員で大満足です。

40代男性

全文を読む

体験レッスンありがとうございました。 体験、というにはもったいないぐらい、タメになるレッスンでした! 吹けない原因を細かに探っていただけ、生徒の低レベルな質問にも真摯にご回答頂くことができ、とても濃いレッスンを頂くことが出来ました。 教えて頂いたことは早速練習に取り入れてみましたが、ほんの少し光が見えた気がいたします。 ご迷惑をおかけいたしますが、引き続きご指導頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

10代女性

全文を読む

体験レッスンとても楽しかったです。スタジオもレッスンも初めてで、最初は緊張しました。とても丁寧に優しく教えて頂いたのでリラックスしてレッスンを受けられました。 優しい雰囲気と分かりやすい指導でとても嬉しかったです。次回のレッスンがとても楽しみです。よろしくお願いします。

新着レッスンノート

トロンボーン教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

9月11日

お疲れ様でした。お疲れ様でした。

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。 <今日のポイント> ・呼吸法 肋骨の周りの筋肉(肋間筋、背筋など)が肋骨を収縮させることで呼吸ができます。これらの筋肉が動いていることを意識してください。 ・構え方 左手はしっかり楽器を保持するように握ります。右手は中指と薬指の間でスライドの支柱を挟む様にして親指を添える様に掴みます。 ・音を出す マウスピースは、上2/3が上唇、下1/3が下唇に当たるようにします。左右のずれは気にしないでいいです。 唇は絶対に横に引かないで、自然な状態でマウスピースに当てます。 息を入れながら唇をゆっくり上下合わせるように閉じていく途中...

8月4日

変拍子の練習変拍子の練習

生徒さんが本番でやる曲の中で苦手だと聞いていた変拍子の部分の練習をしました。 まず、数え方を紙に書いて説明して、メトロノームを付けてゆっくりのテンポから小節の頭を手拍子する練習から始めました。 呑み込みが早く、すぐ出来るようになったので、どんどんテンポアップしていき、譜面で必要なテンポまで達したので、今度は楽器を構えて、小節の頭の音をメトロノームに合わせて一緒に吹きました。 音の移り変わりがうまくいきにくかったので、そこの部分だけを繰り返ししたりして、出来るようになりました。 他に苦手な部分を聞いて、一音ずつ吹いて確認しました。前は高い音が出なかったのが出るようになっています。 ...

7月28日

呼吸法から音を出すまで呼吸法から音を出すまで

初めに、腹式呼吸について腹式呼吸とはどういうものなのか、説明しながら実際に私が実践して生徒さんに見てもらいました。そして生徒さんに仰向けになってもらい、息を吸ったときにお腹が膨らむのを実感してもらいました。肺呼吸と腹式呼吸の違いが分かりづらかったので、動画に撮ってお腹が膨らんでるのを見てもらいました。 そして、楽器を出し、スライドやチューニング管のお手入れの仕方を教えながら、一緒に実践しました。 体験レッスンで、楽器の構え方を教えたので、その確認をしました。鏡がある部屋だったので、鏡の前に立ち、自分が構えたらどのような姿になっているかを見てもらいながら、再度調整をしました。 そして...

7月14日

楽器の構え方からカエルのうたまで楽器の構え方からカエルのうたまで

初めにトロンボーンで生徒さんが知っていそうな曲を2曲ほど演奏して聴いてもらいました。 それから、マウスピースの持ち方や楽器を構える時の姿勢をやりました。 正しい姿勢が慣れないみたいでしたので、鏡をみながら、復習するとわかりやすいかと思います。 次に、資料を見ながらトロンボーンの種類やスライドのポジションの確認をしました。 そして、腹式呼吸でトロンボーンを吹いているということを説明したりして、カエルのうたを吹いたことがあったので一音ずつ確認しながら最後に一緒に一曲吹いて体験レッスンを終了しました。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる