サイタ英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 よし英語教室 スクールブログ TOEIC 文...

TOEIC 文法 どこから手をつけるか

まずは語形変化問題です。

原形、現在形、過去形、ing形、en形の区別ができれば、まずはOK。

材料としては、「時制」といわれる分野の解説や問題に触れてみましょう。

時制ができたら、仮定法。

それから語彙分野にもかぶりますが、–nessがつくと名詞になるとか、語自体の変化です。

あとは、動名詞、to不定詞、未来の言い方、比較、関係詞節あたりがポイントになります。

基本は時制です。手元にいい材料がなければ、公式問題集で、
動詞の変化形だけが並んでいる問題を見つけてたくさん解いてみてはいかがでしょうか。

 

(2017年9月23日(土) 12:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

最新スコア985点!試験時間の長さに負けない聞き取り体力を鍛えよう

新着記事

やはり速音読が一番かな、と。 聞き取りたい速さのマテリアルがあれば、そのスクリプトを入手して。 内容を理解できるように読み込み、正しく発音できるように練習。 途中でつっかえすに言えるようになるまでが準備段階。 あとは、ストップウォッチ片手に、読み終わるまでの時間をなるべく縮める。速く読...

なぜだかよく聞くのが、勉強を始めたらスコアが下がった、というお話です。知識が増えたことで、直感に頼らず、迷う場面が増えるからかもしれません。 この迷いこそが一番大事な学びです。実力を試す緊張場面だからこそ迷います。その経験を多く積むほど、実力は伸びます。ですから、次に向けてぜひ前向きに、気持...

一時期、100万語多読に手を出したことがあります。 http://amzn.asia/5LgHiWk 語数を記録する手帳もあって、積み重ねた努力を形にするのには良かったです。 http://amzn.asia/d588yGS 酒井式のポイントでは、辞書をひかない、つまらなかっ...

一通り、単語はわかったという段階にくると、時間内に全問解答できることが次の課題になります。 とはいえパート7はどうしても時間がかかりがちです。ダブル、トリプルパッセージ問題は、テキスト間の関係性も問われますから。 したがって、試験対策としては、パート7に十分な時間を確保するために、...

<iframe width="560" height="525" src="https://jp.voicetube.com/embed/64790?username=631766310489041&apilang=ja" frameborder="0" allowfullscreen></i...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、TOEIC(R)テスト対策レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ