全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 よし英語教室 スクールブログ リスニング力の...

リスニング力の中身

リスニングもリーディングも情報を受け取る方法です。
必要な情報をキャッチできることが大切になります。

日常生活での英会話ですと、まずはよく使う表現をまるごと覚えるという手も使えます。

テストで目標のスコアをとるためには、どんな力を伸ばせばいいのでしょうか。

基礎になる力は3つあります。

1 語い力
 
リスニング教材を選ぶときには、必ずスクリプトをいくつか読みましょう。
知らない単語が半分以上ある場合には、まず単語、イディオムに触れることが必要です。
知らない単語は聞き取れないからです。単語のインプットも音声とともに、をオススメしています。

2 文法力

難しい構文の理解というよりは、話の順番に内容を理解する力です。
意味のまとまりをとらえられればOK。これも教材選びの際にはスクリプトで確認できます。文のしくみが理解できると、音読が変るのです。

3 発音力

自分で発音できない言葉は聞き取れないと言われます。
スクリプトをスムーズに音読できるようになると、聞き取りが断然ラクになります。
音声教材でリピート練習をすることでカバーできますが、レッスンでは言いやすくなるテクニックや、発音のコツをお伝えします。


こと、TOEIC(R)に関しては、もう一つ。
「聞き取り体力」が欠かせません。

長丁場を切り抜けるには英語を聞くことが「特別ではない」と、
ご自身の脳に理解してもらう必要があります。
その鍛え方はまたご紹介したいと思います。

Good luck!

 

(2017年8月4日(金) 19:24)

次の記事

この記事を書いたコーチ

最新スコア985点!試験時間の長さに負けない聞き取り体力を鍛えよう

よし英語教室
高嶋芳枝 (TOEIC(R)テスト対策)

渋谷・新宿・池袋・東川口・赤羽・大宮・西川口・川口・本郷三丁目

ブログ記事 ページ先頭へ