サイタ英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座広島 目標スコア達成、純の英語資格対策スクール スクールブログ TOEICのリ...

TOEICのリスニングは、取れる問題を確実にとれば、目標スコアがとれるんです!!

こんにちは、TOEIC(R)テスト対策コーチの原純(はら じゅん)です。

TOEICテストを受けるとき、特にリスニングの直前は、いまだに、めちゃめちゃドキドキするんですが、平常心を保ちながら、リスニングを100問解くのって、難しいですよね?

多くの方が経験していると思うのですが、特に、先読みを失敗して一度ペースを崩すと大変なことになるんです。

具体的に説明しますね。

TOEICのリスニングのPart3の会話問題とPart4の説明文問題の理想的な解き方は、

①先に3つの問題文に目をとおす(いわゆる先読み)
②問題に解答し、
③3つめの問題が読まれる頃には、次の問の先読みをする

ですが、②の解答に時間をかけすぎると、

先読みができない
⇒ 問題の解答に時間がかかる 
⇒ また、次の問題の先読みもできない

を永遠に最後まで繰り返すという恐ろしい状態になるんです。

こんな風にならないために、必要なことは、ただ一つ、「わからない問題は捨てる勇気をもつこと」です。

というのも、1問にこだわって時間をかけたら、先読みができなくて、次の3問もおとすことになるからなんです。

Part3とPart4の問題って、3問全部が難しいということは、ほぼないので、自分がとれる問題を確実にとり、先読みのペースを崩さなければ、目標スコアも達成できます。

ただ、本番でいきなりこれをやるのは難しいので、普段、予想問題を解くときから、この方法を実践してみてくださいね。

 

(2017年5月30日(火) 21:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

間違った勉強法にサヨナラ!点数が伸びない原因が分かる目から鱗のレッスン

目標スコア達成、純の英語資格対策スクール
原純 (TOEIC(R)テスト対策)

天神川・広島・本通・八丁堀・立町・紙屋町西

ブログ記事 ページ先頭へ