全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 誰でも気軽に英語資格対策 スクールブログ 新形式TOEI...

新形式TOEICリーディングを解いてみた感想

皆さんこんにちは!

先日、新形式TOEICを解いてみたので、それを解いてみての感想を書いてみようと思います。

その前に、「え、TOEICって形式変わったの?」という方もいると思うので、簡単に説明をしますと…

2016年5月29日実施のTOEIC Learning & Reading Testより、それまでの形式が変更され新たな形のTOEICが生まれました。

ただ、制限時間2時間でリスニングとリーディングを合わせて200問であるなどの基本的な部分は変わっていません。

では、具体的にどういったところが変わったのか、以下にまとめてみました。

【PARTごとの出題量の変化】
全体で100問は変更なし
旧形式(Part5:40問/Part6:12問/Part7:48問)
新形式(Part5:30問/Part6:16問/Part7:54問)

Part5,6が文法問題、Part7が文章読解問題です。Part5が10問減り、Part6,7がそれぞれ4問、6問ずつ増加しました。文章読解問題の比重が大きくなっています。

【チャット形式の問題の登場】
これまでになかった、SNSの会話のやり取りが問題として出されるようになっています。

【トリプルパッセージの登場】
旧形式のPart7では、大きく分けると問題は文章が1つのシングルパッセージと文章が2つあるダブルパッセージの2種類に分かれていました。
そして今度は、新たに文章が3つのトリプルパッセージが追加されました。

だいたいこんなところかと思います。

実際に僕が受けてみて感じたことは、より実用的になっているということです。
SNS風の問題が出てきたり、文章読解問題の比重が増えたことからも、より実践的な場面での英語力を試されているという印象を受けました。

なのでTOEICの学習においても、より実用的な英語力を身に着ける必要があるなと感じました。

ただ、難易度自体は旧形式とそれほど変わっていないと思います!
文章題の比重が大きくなったため難しくなったといわれる方もいるのですが、しっかりと制限時間内に問題を解く対策をすれば決して難しくはないと思います。

とまあ個人的な感想でしたが、まだ解かれていない方はぜひ一度解いてみることをお勧めします!

 

(2016年10月18日(火) 0:29)

前の記事

この記事を書いたコーチ

実用英語も同時に身についてお得!留学経験者の先生と弱点克服レッスン

誰でも気軽に英語資格対策
田邨隼人 (TOEIC(R)テスト対策)

渋谷・新宿・中目黒・自由が丘・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・桜新町・用賀・表参道

ブログ記事 ページ先頭へ