全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 あなたも目指すスコアが獲れる塾 スクールブログ TOEIC(R...

TOEIC(R)テスト初心者(英語を読み解く基本)

こんにちは!コーチのありまです^^

今回は「英語を読み解く基本」をお伝えしたいと思います!

=========================================

その前にまずはTOEICの基本を少しだけ。


TOEICは正確に解けるだけではダメで、

情報処理能力も求められる試験です。

その際に鍵となるのが、

いかに文の構造を早く見極めるか!です。



これは精読、速読どちらをする際にも重要

となるので意識してみてください。


文の構造とは、

SV(節)という文の骨組み、

骨格となるもののことです。
※S(Subject)=主語、V(Verb)=動詞

そのSVをいかに早く見極められるかが重要です。

別に僕は第3文型、第5文型の話をしたいわけではありません。


花田先生(文法特急の著者)も、

「そんな役に立たない話はしません。

私自身5文型などといったものを念頭に英語を使ったりしていない。」

と仰っており、「英語の骨」に注目することを主張してます。


SVを把握する際には、前置詞、形容詞、副詞を

はじめとする補足情報を無視して、英文を見るようにしましょう。

それがまず基本です。

そのために、初心者の方は品詞を意識しながら、

勉強することを心がけることをオススメします。

後々、大きな成果となってあなたの力になりますよ!


これは僕の反省点を踏まえてのことですので、

ぜひ参考にしてみてください。

というのも、僕は品詞の理解などを曖昧のまま、

ずっと感覚で解いてきたせいで、

スコアを伸ばすのに少し苦労しました。


なので、皆さんは品詞を意識しつつ、

まずはSVを正確に捉えられる練習をどんどんして下さいね^^

品詞が分かるようになってきたら、後は「英文の骨」を

意識しながら、文章を繰り返し読んでみることがオススメです!


そのための文法書としておすすめなのが、

先ほど出てきた花田先生の本(文法特急)です。

ご興味のある方はぜひ書店で手に取ってみてくださいね!
=========================================

最後までお読み頂きありがとうございます!

ぜひ皆さんと一緒にレッスン出来るのを楽しみにしております!
お気軽にどうぞ^^

 

(2015年12月29日(火) 11:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

短期で点数UPしたい方必見!優しく細やかな先生が二人三脚でサポート

ブログ記事 ページ先頭へ