全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 あなたも目指すスコアが獲れる塾 スクールブログ TOEIC(R...

TOEIC(R)テスト勉強法 (教材の使い方)

こんばんは!コーチのありまです^^

=========================================

今日は、TOEIC教材の使い方!ということで、

僕が現在、どのように教材を周してるのか、

お伝えしたいと思います!

「このやり方が絶対だー!」なんて言う気は、

全然なくて、僕も今模索中なのでアドバイス等あれば

ぜひご教示頂きたいです^^


ただ、一つだけ守って欲しいのは、

「これだ!と決めた教材は、最低5周すること」。

それだけです!


1周終わったからって、すぐ浮気しちゃダメですよ(笑)

ただ、良著を繰り返し繰り返し行うのが良いのであって、

微妙な本を5周してたら大幅なタイムロスに陥ります。

もちろん微妙な本でも、

少しは実力つきますがなにせ時間が。。。


最後に


↓僕の教材の使い方のルールをご参考までに↓

・良著は最低5周

・表紙の裏に何回目、始めた日付、終わった日付を書く
(3. 2015/12/24-2015/12/26みたいな感じです)
→これは自分がその本をどれぐらいのペースで周せてるか
確認するため。周回を重ねるごとに早くなってくのが理想。

・秒数指定がある問題は、ストップウォッチを使って解く

・1周目で解説がわからないところがあっても気にせず進む
→悩んでる時間が無駄です。5周してる間に大体わかってきます。完璧を求めないこと。

・間違えた問題には×をつけ、日付も書く
→日付を書く理由は、いつ間違えたか後々振り返れるため

・×が3つ以上ついてる問題のページは、上の端を折る(ドッグイアー)

・試験前に見直したい文法の解説等には蛍光ペンでラインをひく


以上


※今後、どんどん改良していくと思うので、その際には
追記していきます。

=========================================

ぜひ皆さんのご参考になればと思います。
最後までお読み頂きありがとうございました!

勉強法など何か相談したい方はお気軽に
体験レッスンをご受講ください^^

 

(2015年12月28日(月) 21:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

短期で点数UPしたい方必見!優しく細やかな先生が二人三脚でサポート

ブログ記事 ページ先頭へ