サイタ英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 あなたも目指すスコアが獲れる塾 スクールブログ 僕が90日間で...

僕が90日間でTOEIC935点取得した方法!

こんばんは!コーチのありまです^^

今日は、「僕が90日間でTOEIC935点取得した方法!」

について、簡略化してお話ししていきます。


この方法は欠陥もあるので、

皆さんなりにアレンジして頂いて、

ご活用頂ければ幸いです!


では、はじめていきます!!

=========================================

僕は、TOEIC3回目の受験で935点取得しました。

これは元々計画した通りでした。


では、どういう流れで進めていったかお話しすると、


まず初めに1回目は、現状把握のため

あまり対策せずに受験し、720点。

※対策せずに受けたのは間違いでした。
皆さんはある程度基礎を固めて、
テストの特性を理解した上で受けてくださいね。


もちろん1回目の受験では、最後まで

解き終えることができませんでした。


ですが、実際にテストを受け、自分の弱点が文法と

長文読解ということが認識できました。


そして弱点を補強する教材をひたすら繰り返し、

2回目で865点。



つぎに860->>900に至るまでが厳しいと聞いていたので、

基礎という基礎を固めつつ、読解力強化に努めました。

この時点でも教材は絞って、

繰り返すことを意識してました。

結果、最後の総まとめ3回目で、935点。


簡単にスルスルとことが運んだように思えますが、

僕はかなり努力しました。計画も緻密に立てました。

TOEIC勉強法の本も何冊読んだかわからないぐらいです。

テストの時間配分も秒単位で決め、それを普段から意識して

問題演習をしていました。教材も最低5周が当たり前です。


※あくまで自論ですが受ける時期によっても点数が変動します。
実力が同じでも母数によって影響が出るのが普通のはず。
なので、僕は最初からそこも考慮して敢えて3回目の受験を9月にぶつけました。


僕はこのスクールを通して、皆さんにTOEICで得点するためには

英語力だけを伸ばしても、短期間で高得点とるのは難しいですよってことを伝えたいです。

そして皆さんには英語力だけでなく、効率的にTOEIC力をつけて頂きたいです。


ちなみに出身校はMARCH(1浪で)、

英検は2級までしか持ってないです。

=========================================

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

体験レッスンの申し込みに必要なのは、
申し込みボタンを押すほんの少しの勇気だけです^^

ぜひ皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております!!

 

(2015年12月28日(月) 20:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

短期で点数UPしたい方必見!優しく細やかな先生が二人三脚でサポート

新着記事

どうも!コーチのありまです! 今日はPart1の基本的なポイントを 見ていきたいと思います♪ ========================================= 《リスニングセクションPart1》 Part1(10問)→写真描写問題。一枚の写真を見...

こんばんは!コーチのありまです^^ 以前「TOEIC935点取得した際に使用した教材!」という記事を 書いたのですが、その時に使っていた文法本より良いものを発見したので共有しますね! その本というのは、 皆さんもご存知かもしれませんが、 「1駅1題 新TOEI...

こんばんは!コーチのありまです^^ さて、今日は音読の是非について!ということで、 皆さんは英語学習に音読を取り入れてますか? 僕は英語力を身につける上で音読することは、 非常に重要だと思っています。 僕自身、なぜか中学の頃から勝手に 音読をして...

こんにちは!コーチのありまです^^ 今回は「英語を読み解く基本」をお伝えしたいと思います! ========================================= その前にまずはTOEICの基本を少しだけ。 TOEICは正確に解けるだけではダメで、 ...

こんばんは!コーチのありまです^^ ========================================= 今日は、TOEIC教材の使い方!ということで、 僕が現在、どのように教材を周してるのか、 お伝えしたいと思います! 「このやり方が絶対だー!」な...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、TOEIC(R)テスト対策レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ