全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 あなたも目指すスコアが獲れる塾 スクールブログ TOEIC初心...

TOEIC初心者の方へ(問題形式と対策のポイント)

こんばんは!コーチのありまです^^

今回はTOEIC初心者の方に向けて

TOEICの問題形式を軽く説明していきます!
(注意※2016年5月29日からは形式が変更)


※中級者の方も最後までお読みください。
最後にかなり重要なことを書きますので。

では、はじめていきましょう!

=========================================
【出題形式】
リスニング、リーディングの2つのパートに分かれており、

リスニングは約45分間で計100問、

リーディングは75分間で計100問出題されます。全てマーク式。


【各Partの出題形式】

《Part1》10問
写真描写問題。1枚の写真をみて、

選択肢4つのうちから

写真の内容を正しく描写してる選択肢を選ぶ。

選択肢は問題用紙に印刷されてない。


《Part2》30問
応答問題。1つの発言に対して、

3つの返答のうち正しいものを選ぶ。

放送内容は問題用紙に印刷されていない。


《Part3》30問
会話問題。2人の人物による対話が放送され、

1つの対話につき3問出題される。問題用紙には、

設問と4つの選択肢が印刷されている。

4つのうち、正しいものを選ぶ。


《Part4》30問
説明文問題。機内放送などの長文が放送され、

1つの放送につき3問出題。問題用紙には、

設問と4つの選択肢が印刷されている。

4つのうち正しいものを選ぶ。


《Part5》40問
短文穴埋め問題。一部が空欄になっている文があり、

その空欄を埋めるのに適切なものを、4つの選択肢から選ぶ。


《Part6》12問
長文穴埋め問題。一部が空欄になっている文章があり、

その空欄を埋めるのに適切なものを、4つの選択肢から選ぶ。

1つの文章に3つの空欄が用意されている。


《Part7》48問
読解問題。1つないし2つの文書を読んで、問題に解答。

設問とそれに対する4つの選択肢がある。

設問数は2-5問と文章によって異なる。


以上。



初心者の方にアドバイスとして、

まずPart1,2,5対策からスタートするのが

良いでしょう。長文読解は最初のうちは、あまり対策しなくても

良いです。(文の構造が瞬時に判断出来るレベルなら話は別ですが)


※TOEIC高得点者は、Part7の長文読解の速読力が

圧倒的にあると思われてる方もいるかと

思いますが(もちろんそれもありますが)、


実際はPart5,6を解くスピードが圧倒的に早いんです。

選択肢を先読みして、空欄の前後をチェック、即解答

(全文読んでませんし、そんな時間がないことは分かってるため)。

正確には、和訳する必要がある問題は和訳しますが、

それ以外は文法、構文で選択肢を斬ります。


また、わからない問題をサクッと捨てる潔さも

必要です。30,40秒かけても解けないなら捨てるのが定石。


Part7は時間さえあれば解ける問題も多いので、

リーディングパートの要諦は、

いかにPart5,6を短時間で解いてPart7に時間を費やせるかです。

=========================================

最後までお読み頂きありがとうございました!

体験レッスン申し込みお待ちしております!
無料ですので、ぜひ今後の勉強計画をたてる
ためだけにでも、僕を使っていただければと幸いです^^

 

(2015年12月28日(月) 19:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

短期で点数UPしたい方必見!優しく細やかな先生が二人三脚でサポート

ブログ記事 ページ先頭へ