全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座千葉 夢みる英語教室 スクールブログ 英語にハマった...

英語にハマったきっかけ

こんにちは!
TOEIC対策コーチの谷口です。


ボクは物心ついた頃から週末はよく家族で洋画を見ていました。
父親が洋画が好きだったため、映画と言えば邦画より洋画という感じでした。

ボクが小学生の頃は、金、土、日の夜はテレビで映画が放送されていて、それを家族で見るのが好きでした。
テレビで見るときは吹き替えで見ていましたが、父親がレンタルビデオ店でビデオを借りてくるときは、字幕で見たりもしていました。

その影響もあってか、幼い頃から「英語はカッコイイもの」だというイメージがずっとありましたし、学校の英語がどんなにできなくても英語が嫌いになることはありませんでした。
おそらく心の奥底に英語に対する憧れのようなものがあったのだと思います。

中学になると洋楽を聴く友だちができ、聴く音楽も英語になっていきました。
邦楽を聴くより、英語の曲を聴いてカッコつけたいという気持ちがあったと思います(笑)


英語を好きになるきっかけのようなものを敢えて挙げるとしたら、小さい頃から洋画に触れていたことだと思います。


ある本で読んだことがあるのですが、洋画や洋楽が好きな両親のもとで育った子どもは、そうではない家庭で育った子どもに比べて、英語嫌いになる確率が低いそうです。
学校で英語の学習が始まっても、それほど抵抗なく学べるようになるのだとか…。
英語に最初に触れるきっかけが「学校の勉強」ではなく、「娯楽」であることがいいのでしょう。

英語嫌いが多くいる中で、英語をずっと好きでいられたのは両親のおかげかもしれません。

好きだという気持ちがあれば、困難も乗り越えられる!
英語を好きになることが、英語が上達する最大の武器ですね(^.^)

 

(2015年5月26日(火) 12:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

わかる→楽しい→続くのサイクルでレッスン!責任を持って最後までサポート

ブログ記事 ページ先頭へ